« 柑橘類の皮の砂糖漬けの作り方 | トップページ | リップクリームの作り方 »

2004年12月12日

梅紫蘇チャーハンの作り方

*小梅漬けを作ったあとに残る紫蘇の活用法を模索していて、殆ど思いつきで作ってみました。これならかなりの量の紫蘇が一気に使えます。紫蘇に含まれる塩分を活かし、味付けに塩は使いません。
*たまたま冷蔵庫にサニーレタスがあったので一緒に使いました。こうやってチャーハンにレタスを使うと、かさが減るのでたくさん食べられるし、さっぱりして口当たりも良くなります。
*チャーハンを作るときだけは、樹脂加工のではなく、セラミックコートのフライパンを使います。普通の鉄鍋と同じような感じで、たくさん、というか当たり前の量の油が必要ですが、ご飯粒一つ一つが油でコーティングされて焦げ目も付き、ぱらっと仕上がるので美味しさは比べ物になりません。金属のお玉でがしがしかき混ぜても傷にならないので、思い切って炒めることが出来ます。
関連記事:梅干の紫蘇(12月15日UP)

《材料と作り方》材料は全て適量
・炊き上がっているごはん うちでは五穀入り玄米ご飯を使用
・豚挽き肉
・梅漬けから取り出した赤紫蘇
・サニーレタス
・胡椒、油

1)レタスは良く洗ってひと口大にちぎり、サラダ用の水きり器でしっかり水気を切っておく。レタスの芯は、変色した部分だけを切って捨て、薄く千切りにする。赤紫蘇は、梅酢を固く絞り、細かく刻む。
2)フライパンに多目の油を熱し、豚の挽肉を炒める。この時臭みを押さえるために胡椒を挽いて入れる。おろし生姜も合うのでお好みで。
3)肉から脂が出てぱちぱちはねるまで十分に炒めたら、レタスの芯を入れる。ひと混ぜしたらご飯を入れる。冷やご飯でも温かい物でもどちらでもいいが、炒めを短時間で済ませたいなら温めたほうがいい。炒め時間が長いと、油も多目に必要になる。
4)お玉でご飯を鍋肌に押し付けるようにして炒め、全体に油が行き渡ったら、刻んだ赤紫蘇をほぐしながら投入。全体によく混ぜる。味を見て、足りないようなら塩や正油で調整。
5)レタスの量が多い場合は、6で使う分を残して火を止めた4の中に入れ、ひと混ぜする。余熱でも十分火は通る。
6)皿にレタスをひとならべし、5を盛り付ける。

※かなり油っこく炒めても、紫蘇とレタスが入るのでさっぱり食べられます。
※うちはダーリンが食べられないのでやりませんが、豚挽き肉の代わりに、ちりめんじゃこなんて合いそうですよ。

|

« 柑橘類の皮の砂糖漬けの作り方 | トップページ | リップクリームの作り方 »

コメント

グッドタイミング!ここしばらくフライパンの事をぼんやりかんがえていたのです。
樹脂加工のフライパンは内側にリベット?留めのないフラットなものを探し買い求め気に入っていましたが焦げ付きが出始めそろそろ寿命のようです。
cueさんのお使いになられているセラミックコートのフライパンに興味津々です。
残った玄米で美味しくチャーハンを作りたいなぁ。
あわてていませんので、お暇なときに教えてくださるととっても嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。

投稿: らーらこ | 2005年1月27日 午後 05時39分

らーらこさんのお言葉に甘えて、レスのんびりさせていただきました。やっと山を越しましたです、ふー。

セラミックコートのフライパンは、多分ベースが鋳鉄で、その上に内側だけセラミックがコーティングしてある感じです。グレーっぽい色で、ぱっと見は樹脂加工のフライパンみたいです。
で、重いデス結構。27cmの大きめサイズを買ったので、あおるのは至難の業…。ま、その分樹脂加工のと違って思いっきり熱くも出来るし、金属のお玉で多少やんちゃにがしがし混ぜても大丈夫だから、チャーハンを例に取ればあおらなくても結構ぱらっと上がる感じです。少なくとも、樹脂加工フライパンで作ったものとは比べ物にならないくらいウマーです。
数年前にS武のL○FTで、確か8千円くらいだったと思います。うちで買ったのと、一回り小さいのと、大きさは同じだけどちょっと深い炒め鍋というのの確か3サイズだった気がします。
フライパンと言えば、うちにはもうひとつ、樹脂加工ですが22cmのがあります。このサイズが、2人暮らしには絶妙なんですよ。バーゲンなどでよく見かけるのは、なぜか19cmと24cmですよね。帯たすきだなーと思って、探して探して、TQハンズで買いました。
昔ながらの鉄やアルミならサイズのバリエーションは豊富ですけど、樹脂加工のが欲しかったんですよね。これは1~2千円くらいと安かったです。普段使いはこれです。サイズの合うふたも買ったので、ちょっとした煮物などもこれでやっちゃいます。

投稿: cue | 2005年1月29日 午後 02時24分

cueさん、お疲れさまでしたー。しばしゆっくりしてくださーい。
そして、お返事ありがとうございます。サイズのお話も大変参考になりました。
ネットが良さそうなものが見つかりましたので、セラミックコートのフライパンはcueさんと同じ大きめサイズ27cmくらいの物にしようと決めました。

小さめの手軽に使えるフライパンも欲しいなぁ。
軽くて小振りなものだとサッと出して使えて、片付けも楽でいいですよね。
そうそう、19cmだと小さいです。深さがないと。。。
24cmだと中途半端かな。焼きそばなんかには小さくて、おかず作りだと大きい感じ。
2人暮らしにあった調理器具のお話をこれからもよろしくお願いしますです。

投稿: らーらこ | 2005年1月29日 午後 03時11分

2人暮らしの料理って、量も味付けも難しいですよね。もしかしたら、1人分を作るより難しいかも、と時々思います。カレーとかの煮込み物は、多ければ多いほうがうまく出来るし。
余談ですけど、らーらこさんの旦那様のサイト、やっと見つけました。とっても綺麗で感動! です。

投稿: cue | 2005年1月31日 午前 03時23分

cueさん!レスしていただいたのに見逃していましたっ。
本当にごめんなさい。
旦那サイト見ていただきありがとうございました。
ちょっと恥ずかしいけど嬉しいです〜。
早速フライパン買いましたよ。
リバーライトセラートというセラミックコーティングの26cmです。
さっそく使ってみました所、とーってもいい感じです。
教えていただいて本当によかった。どうもありがとうございました。
なるべく長持ちしてくれるといいなと思っています。

投稿: らーらこ | 2005年2月 5日 午後 05時56分

いえいえそんな、全然ですよ♪
高価な指輪は、つけるたび特別な気分になれるでしょう。
でも、普段使いのいいものやお気に入りの物は、使うたびに幸せを再確認できて、心が豊かになれる気がします。
値段じゃないですね。安くても高くても、使い勝手が良くて気に入った少しのものたちに囲まれて、暮らしたいと思います。
なんて言うとカッコいいけど、現実は…(笑)

投稿: cue | 2005年2月 6日 午前 03時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37357/2245584

この記事へのトラックバック一覧です: 梅紫蘇チャーハンの作り方:

« 柑橘類の皮の砂糖漬けの作り方 | トップページ | リップクリームの作り方 »