« おはぎの作り方 | トップページ | ぬか漬けの作り方 »

2005年4月25日

柑橘類ピールの作り方

*以前紹介した柑橘類の皮の砂糖漬けの写真付きメイキングです。前回の記事とあわせてご覧ください。
*今回は、刻んだピールを入れてパウンドケーキも焼いてみました。ほろ苦くて大人の味です。クッキーでもイケルと思います。
関連記事:柑橘類の皮の砂糖漬けの作り方乱暴なパウンドケーキの作り方

01tawasi
まず熱めの湯を流しながら、柑橘類の外皮をたわしで洗います。

02sio
もしくは、粗塩を手にとって磨くようにして洗っても。

03heta
外皮に十字の切込みを入れて、わたの部分がなるべく多く外皮に残るようにしながら、外皮をむきます。へたの方からむいた方が、わたが奇麗にくっついて取れてきます。

04iyokan
これは伊予柑。小さ目のものは十字に切込みを入れてむきます。

05hassaku
これは八朔。大き目のものや、パール柑のようにわた部分が厚いものは、上下を落としてから切り込みを入れた方がむきやすいです。

06nabe
水と一緒に鍋に入れてぐらぐら茹でます。苦いのが苦手な人は、茹でこぼしたり一度水にとってさらしたりするといいでしょう。

07hasi
私は苦いくらいのが好きなので、茹でこぼしたりしません。全体に透き通ってきて、箸がすっと刺さるようになったらOK。

08sosogu
熱々の物を水気を切りながらガラスの瓶にびっちり詰め、沸騰させたシロップを熱々のまま注ぎます。

09akeru
時々ゆすりながら4日ほど寝かせたら、箸で中味を押さえながら、シロップだけ鍋に取ります。砂糖を追加してしっかり沸騰させ、再びビンに戻します。

10bin
これは2回目のシロップを入れた状態。皮に対してシロップの量がひたひたに漬かるくらいはないと、カビが生えてしまうようです。

11naraberu
4回目の漬け込みが終わったものを、液体を切りながらオーブンペーパーの上に並べ、乾かします。

12kawaita
温度や湿度などにもよりますが、1週間ほどで、白く砂糖を吹いて硬く乾いてきます。これはカビではありません。ここまで糖度が高くなったらカビることは無いようです。

13cut
好き好きですが、私は完全に乾ききる前に、5ミリ巾くらいにスライスしてしまいます。この方が完璧に乾くし、すぐ食べることが出来るので。

14kansou
完全に乾きました。形も食感も味も、大人のゼリービーンズといった感じです。お酒のつまみやお茶請けに、そのままつまんでも美味しいです。私は念のために密封できるビニール袋に入れ、冷凍保存しています。

15cake
今回は、刻んでココア生地のパウンドケーキに混ぜ込んでみました。ほろ苦くて香りが良くて、大成功でした。
丁度、乾燥に入る直前のものがあったので、刻んでそのまま入れました。乾燥したものを使うときは、洋酒などでふやかした方がいいと思います。

《材料と分量》
製菓用マーガリン 100g
薄力粉 150g
てんさい糖 100g
卵 2個
純ココア 大さじ2
八朔と伊予柑のピール 刻む前の量で3枚くらい
関連記事で紹介した作り方の、薄力粉を入れる前に、まずココア、次にピールを入れて混ぜます。

|

« おはぎの作り方 | トップページ | ぬか漬けの作り方 »

コメント

わざ②メールありがとうございました!!!!!
とってもわかりやすい写真つきの
説明で♪♪
私のやってみたのと、全く違う状態でした・・・。
結局失敗に終わってしまったのです↓↓
でも!!!!次は成功しそうです(^◇^)♪♪
伊予柑なら簡単に手に入るので、挑戦したいです。
上手に出来るとそんなにおいしそうに出来るんですねぇ♪♪
私も写真のようなのが食べたいですぅ~◎〃

投稿: minami | 2005年4月29日 午後 07時16分

甘夏や伊予柑はまだしばらく出回りますものね。無農薬有機栽培のものや、奇麗なものが手に入ったら、ぜひ試してみてください。
私が使ったのは無農薬有機栽培の柑橘なので、そんなに神経質にやっていませんが、そうでない場合は、洗いをしっかりやって表皮を薄くそいで、茹でこぼした方がいいかもしれません。
あと、昨シーズンは気付かなかったのですが、瓶に入れた状態で漬け込み液が足りなくて、液体から中身が出るようだと、白いカビが生えてしまいました。もし漬けてみて足りないようなら、同じ割合の濃さで砂糖を煮溶かした液を、ひたひたになるように足したらいいようです。
また、漬け込み液を温めなおすとき砂糖を足していくので、ある程度瓶の容量に余裕が無いとあふれてしまいます。きついようなら、瓶を2本に分けると、上手くいくようです。
今回初めてココア味のパウンドケーキに混ぜてみましたけど、これはいけますよ。

投稿: cue | 2005年4月30日 午前 11時39分

初めまして。

ピールの作り方は、色々なサイトを見て回りましたが、この作り方が私には一番しっくり来ました。
それで、当ブログで紹介させていただきました。
よろしくお願いします。

投稿: tiny-tree | 2009年1月11日 午後 06時20分

>>tiny-treeさん
はじめまして、ようこそいらっしゃいませ。
私のレシピがお役に立てたようでよかったです。
このやり方は、時間はかかるけどわりと確実にできるように思います。
リンクしてくださってありがとうございました。とても嬉しいです。

また遊びに来てくださいね。^^

投稿: cue | 2009年1月12日 午前 12時28分

こんにちは。
こちらのレシピを参考にはるかでピールを作ってみました。いいですねコレ。次は別の柑橘で作ってみようかと思ってます。(TB飛ばさせていただきました)

投稿: yomikaki | 2009年4月11日 午前 07時42分

>>yomikakiさん
はじめまして、ようこそいらっしゃいませ。
ブログ拝見しました、すごく綺麗に出来上がっていますね! 美味しそうです。
私のレシピがお役に立てたみたいでとても嬉しいです。TBもありがとうございました。
はるか、っていう柑橘があるんですね? こちらでは見かけたことがないです。
こんど見つけたらぜひ私も試してみたいです。
よろしかったら、また遊びに来てくださいね。^^

投稿: cue | 2009年4月11日 午後 03時13分

初めまして^^
ピールレシピを探して検索からこちらにたどり着きました^^

早速文旦でピール作りに取り掛かりましたが、2個で作成したところ、皮の厚みもある事から、シロップの液を倍で作りました。
水300と砂糖300です。

この後、砂糖を継ぎ足していきますが、水の量が倍だと、やっぱり継ぎ足す砂糖も倍量ずつ必要でしょうか?
初歩的な質問ですみませんが、相談に乗っていただければ幸いです

よろしくお願いします。

投稿: hide | 2009年4月19日 午後 08時48分

>>hideさん
コメントありがとうございます。たどり着いてくださって嬉しいです。
ご質問の件ですが、シロップの砂糖濃度が必要なので、
シロップの全体量を増やした場合は、同じ割合で追加する砂糖も増やす必要があります。
たくさんの砂糖を使うのでちょっとビビルかもですが、
これが、時間はかかっても確実に作れる方法だと思います。
文旦いいですねー、出来上がりが楽しみですね。
よろしかったらまた遊びに来てくださいねー。^^

投稿: cue | 2009年4月19日 午後 10時41分

早速のお返事ありがとうございました^^

冷静に考えたら、やっぱり倍量必要って当然なんですが、トータル1キロ近く砂糖を使うと思うと、正直ちょっとビビッてました^^;

残ったシロップはジャムに出来たらいいなぁ~と思います^^

まだまだ始めたばかりですが、上手に出来たらまたご報告にお伺いしますね^^

投稿: hide | 2009年4月20日 午後 02時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37357/3846215

この記事へのトラックバック一覧です: 柑橘類ピールの作り方:

» ピール [読書発電所Annex]
 先日から密かに作っていたモノがやっとひと段落しました。それはコイツ  ピールで [続きを読む]

受信: 2009年4月11日 午前 07時40分

« おはぎの作り方 | トップページ | ぬか漬けの作り方 »