« 今週の野菜 | トップページ | 月曜の料理 »

2005年8月26日

8分間ペペロンチーノの作り方

*茹で上がり7分のパスタを使って、火ひとつで沸騰から8分間で出来る省エネルギータイプのペペロンチーノの作り方です。
*麺の茹で上がりは、モノによって差があるかもなので、目指す具合に上がっているかどうか必ず試食してみてください。
関連記事:茹で時間短縮

【材料と作り方】
・パスタ 茹で上がり7分のもの
・鷹の爪の輪切り
・にんにく
・胡椒、塩
・オリーブ油

1)パスタを茹でる。沸騰した湯1Lに対し小さじ山盛り1くらいの塩(好みで増減)を溶かし、7分で茹で上がる麺を入れて、タイマーを5分にセットする。
2)にんにくはみじん切り。フライパンにオリーブオイルをたっぷり引いて、鷹の爪の輪切りとにんにくを入れる。火はまだつけない。
3)タイマーが鳴ったらパスタの鍋の火を止めてふたをし、タイマー2分スタート。同時にフライパンを火にかける。
4)にんにくと鷹の爪を油の中で泳がせるように、焦がさないようにまんべんなく火を通す。好みで胡椒を振る。
5)タイマーが鳴ったら、パスタの茹で上がりをチェックする。OKなら鍋から茹で汁を大さじ2くらいフライパンに入れ、ざっと混ぜてから、トングでパスタをつかんでフライパンに移す。炒めるというよりは、パスタについている汁気とフライパンで煮立っている油で全体を絡めるように混ぜる感じ。
6)ざっと絡まったら、皿に移す。完成。

※空いたフライパンは、熱いうちにさっと油を紙でぬぐってから、鍋に残った茹で汁を移しておくと、温度と湯に溶けた小麦粉の作用で油が落ちやすくなるので洗い物が楽。パスタを茹でた鍋は、油がついているわけではないので、ぬるま湯でこするだけできれいになる。これをしたいので、私は、パスタを茹でるお湯にオイルは入れません。
※薄切り玉ねぎやピーマン、ツナなど、火がすぐ通る、もしくは生でも食べられるものを、4で一緒に加えても。

|

« 今週の野菜 | トップページ | 月曜の料理 »

コメント

今日始めて挑戦して大失敗しました
落ち込んで検索したらココを見つけました
参考にしてまた挑戦します

投稿: ダァ | 2006年11月13日 午前 02時46分

>>ダァさん
ようこそいらっしゃいませ。お越しくださって嬉しいです。
そうですか、失敗しちゃいましたか。
多分ですね、失敗の原因は、炒めちゃったからではないでしょうか。
私はこの作り方を、某教育テレビで本物のイタリアンのシェフがやっていたのを見て覚えました。
その方も、炒めるのではなく和えるのだ、とおっしゃってました。
油を熱しているフライパンに茹で汁を入れるのは結構度胸がいりますが、
茹で汁を入れてソース状にしてから絡める方式にしてからは、失敗はありません。
思ったほど水っぽくならないものです。
フライパンは気持ち大きめのほうが、よりうまくいくようです。
是非挑戦してみてくださいね。
そして、よろしかったらまた遊びに来てください。

投稿: cue | 2006年11月13日 午前 03時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37357/5578753

この記事へのトラックバック一覧です: 8分間ペペロンチーノの作り方:

« 今週の野菜 | トップページ | 月曜の料理 »