2007年5月 7日

アクリルたわしの作り方ニューバージョン

流しでの洗い物に、いつも粉石けんとアクリルたわしを愛用しています。実際に使っていたからこそわかった改良点を加えて、ニューバージョンが完成しました。写真と一緒にご覧ください。編み目が多少不揃いなのはご愛嬌ということで。
0705tawasi

主な改良点は次の3つです。
・角をなくする→角があると使っているとき水が飛ぶ、とダーリンから指摘アリ。
・地を厚くする→これもダーリンからのリクエスト。針を細くして編地を詰まらせました。
・サイズ→大きすぎても小さすぎても使いづらい。好みや手の大きさなどもありますが、うちの場合は流しで使うならこれくらいがちょうどいいようです。横幅が14cmくらいです。

続きを読む "アクリルたわしの作り方ニューバージョン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月18日

コースターの作り方

 暮れにダーリンの帽子を編んだら、手編み熱に火がついてしまい、引き続き何か編むものないかなと物入れを引っ掻き回して、おととし手編みバッグを作ったときの残りの糸を見つけました。これ、コットン100%のサマーヤーンなのです。今回は、かぎ針編みでコースターを作ることにしました。これならすぐ編める(飽きる前に完成する)し、使える(実用性のない飾りだけのものは嫌い)から、ちょうどいいです。いろいろな編み方にして、同じものを自分用とダーリン用の2枚ずつ作ります。

続きを読む "コースターの作り方"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月11日

ききみみ頭巾の作り方

usiro_u 去年の多分ちょうど今頃、頭と耳が寒いと言うダーリンに帽子を編んであげる約束をして、一緒に毛糸を買いに行きました。その後何かと忙しくて手がつけられず、とうとう雪が解け引越しがあり猛暑を超え秋、そして大雪の毎日です。とにかく思い立たなくてはまた1年過ぎてしまう! と昨年暮れやっと手をつけ、実質3日ほどで完成しました。メリヤス編みの表編みだけで出来る帽子です。
 頭のてっぺんを四角くとじるので、脱いでつぶした状態だと四角くぺたんとした袋状。かぶった形は、なんとなく童話に出てきたききみみ頭巾に似ています。ちょっと指で形をつけると猫耳っぽくなるので、もしかしたら猫の気持ちになれる? かどうかはわかりませんが。

続きを読む "ききみみ頭巾の作り方"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年10月10日

手編みバッグの作り方

*手持ちのコットンの手編み糸と鈎針で、着物でも持てるバッグを作りました。コットンは糸自体に伸縮性がないし、鈎針で目をきつく編んだので、物を入れすぎなければ型崩れなどはしないと思います。他の糸で作る時は、なるべく伸縮しない糸を、とにかくきつく編む事がポイントです。あとは、目指す寸法に合わせて目数を加減してください。
*持ち手は同様に編んで作ってもいいけど、今回は木の持ち手をつけました。この方が丈夫だしなんとなくちゃんとしたバッグっぽく見えるので便利。編み地が伸びないように布を縫い付け、それでくるむようにしてつけることによって、取り外しが簡単になります。汚れて洗いたくなったら持ち手を外して。また、同様のサイズで他にも編んだり縫ったりしておいて、持ち手を使いまわすことも可能です。好き付きですが、持ち手はあまり民芸調でないデザインを選んでおいた方が、バッグ本体も着るものも、何にでも合わせやすいと思います。
関連記事:ポリ単衣と手編み袋物

【材料と作り方】
・コットンの手編み糸 5玉 ※注
・鈎針 7号
・木の持ち手 1組
・木綿布(ハンカチを利用) 適宜
・手縫い糸と針
※注 今回はたまたま手元にあった糸を2色使用しました。紺の方は、通常棒針6~7号で編むものを3本取り、白の方は、通常棒針7~8号で編むものを2本取りで、私の手だと鈎針7号でぎりぎりキツキツに編めました。ちょうどそれぞれを使い切ったところでいい寸法にあがりました。編み物は、編む人の手と糸によってかなり違いが出ますので、実際に編んでみて加減してください。

1)底の部分から編み出す。鎖編みを32目、22cmくらい作り、それを中心にぐるぐると回転しながら長丸になるようにこま編みし、両端で折り返すカーブ部分で適当に目を増やす。引き吊れず、かつ波打たない程度に。3回転し、幅大体5cm、長さ27cmになったら底部分は完成。
soko

2)引き続き、目は増やさずにこま編みで編み進む。私は4段ごとに色を変えストライプにしました。32段編んで22cmになったところで終了。最後に1段引き抜き編みをして完成。
3)持ち手をつける位置に布を当て、まず表に響かないように返し縫いをしてバッグ本体に固定。
te_1

その布で持ち手をくるみ、まつりつける。
te_2

完成。まつりつけた部分だけをほどけば持ち手は外れます。もしくはリボン状の布を縫い付け、それで持ち手を縛って固定する方法もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月 3日

アクリルたわしの作り方

*ナチュラルライフのパートナー、粉石鹸使いの必需品です。
*いろいろな作り方がありますが、私の場合キッチンで使うなら、これが一番使いやすいです。ちなみに、鉤針編みだと、固く仕上がる感じで、お風呂掃除などにはいいような気がします。
*アクリル毛糸は、手芸材料店などに行けば、抗菌加工をしたような素敵なものもありますし、もっとちゃんとした作り方が載った本もあります(笑)。色もいろいろあるので、用途で分けると便利です。ちなみにうちは、人間の茶碗用と猫の茶碗用で色分けをしています。
*アクリル毛糸は、100円ショップなどでも手に入ります。ただ、あまり太い糸を選んでも、使い勝手はよくないようです。
*結構目が粗いので、わざわざループを作らなくても、はしっこの方をフックに引っかけるようにしておけば、すぐに乾きます。
関連記事:アクリルたわしキッチンで粉石鹸

【材料】
・アクリル100%の並太毛糸 1玉あれば1年分くらい作れます
・棒針 12号
【作り方】
1)糸を2本取りにして1目ゴム編みの作り目で15目作る。1目ゴム編みの作り目ができなかったら、普通の作り目でもOK。
2)1目毎に裏、表、裏、表…を繰り返し、鹿の子編みにする。横に見ても裏、表、裏、表…で縦に見ても裏、表、裏、表…。
3)20段編み進んだら、目を止める。糸端を始末して完成。

※関連全ブログの最新情報はこちら→《シンプルに暮らそうTOP》

| | コメント (0) | トラックバック (1)