« 四十にして着物の人に | トップページ | だしを取るのはやめる »

2004年6月15日

有料ごみ貯蔵庫

 なるべくモノは増やさない主義ですが、気付くとなんだか部屋が狭い。
十分な空き容量がないと、サクサク動けません。これ、一番嫌いです。
そこで昨年一念発起し、大幅にモノを処分しました。
 キーワードは、「毎日、週1回、月1回、年1回」。
毎日から週1回程度使うモノまでは、目に付くすぐ手に取れる場所に置く。
出番はせいぜい月1回程度までというモノは、少し奥まった場所や高い棚や低い棚に。
もっと使わなくて、年に1回程度のモノは、物置や納戸に。
そして、喪服などの緊急用を除いて、1年間で一度も使わなかったモノは、捨てる、と。
 加えて「いつか何かで使いそう、というモノは捨てる」。
その『いつか』なんて多分永久に来ないです。
 着られなくなった服も、勢いで集めた食器も、2人が持ち寄って重複していたモノも、
使い勝手優先で処分したら、部屋1つ分くらいの空間が出来ましたね。
空いた場所には、念願だった2.5シーターのソファを買いました。
 ごみを貯めても、ゆとりを置いても、家賃は同じなんです。
必要最小限の気に入ったモノだけを置く…ミニマムな空間はなかなか快適です。

|

« 四十にして着物の人に | トップページ | だしを取るのはやめる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37357/1694949

この記事へのトラックバック一覧です: 有料ごみ貯蔵庫:

« 四十にして着物の人に | トップページ | だしを取るのはやめる »