« キッチンで粉石鹸 | トップページ | 不惑について »

2004年7月22日

アクリルたわし

 キッチンで粉石鹸を使う場合、必ず出てくるこのアクリルたわし。
簡単に手作りできますし、作り方もいろいろあります。
 元々アクリルという素材は、石油製品ですから、油とのなじみは悪くありません。
天然繊維ではないので、腐食や腐敗の心配もなく、水切れもよく乾燥も速い。
何よりも、極細の繊維がたくさん集まって出来ているので、
これが汚れや油などを、掻き取ってくれるのです。
 洗い物をするときは、まず、汚れの強さで食器を分けます。
まず、漆器や、こびりつきや油汚れの付いていないもの。
これは、細く出した蛇口の下で、アクリルたわしでこすって洗っておしまい。
これで本当に、キュッキュッとなるくらいきれいになるんですよ。
 次は、ちょっと汚れの強いもの。いきなり濡らしてしまわずに、
ティッシュや古新聞やウエス(ぼろきれ)でぬぐってみる。
それから洗ってみると、結構石鹸をつけなくても落ちるものです。
 それでもべたつくものだけ、粉石鹸を使って泡立てて洗えばいいんです。
何でもかんでも洗剤をつけて洗わなくてはいけない訳ではないんです。

|

« キッチンで粉石鹸 | トップページ | 不惑について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37357/1210497

この記事へのトラックバック一覧です: アクリルたわし:

« キッチンで粉石鹸 | トップページ | 不惑について »