« 浴衣を着物風に着る | トップページ | オイルに精油を入れて »

2004年8月20日

無添加の乾物

 マクロビオティックの考え方に、『身土不二』があります。
要するに、自分が住んでいる土地でとれたものを食べると体にいい、ということです。
 当地は北方圏にあるので、冬期の野菜などは無理ですが、
選べる限り地元でとれたものを食べるようにしていますし、
毎週来る無農薬有機栽培野菜の宅配も、地物の旬の野菜が優先的に入ってきます。
 また加工品も、少なくとも国産で、余計な添加物の無い物をと心がけています。
切干大根とかんぴょう…どちらもポピュラーで、純日本的な乾物ですが、
裏を見ると実は隣国からの輸入…という商品がかなりあります。
値段は多少高くなりますが、ちょっと捜したら国産のがちゃんと見つかりました。
 そして添加物。かんぴょうとは、漂白してある物だとずっと思い込んでいました。
近所にはありませんでしたが、デパートの食品売り場で無漂白のものを発見しました。
 乾物を戻す時、水に浸けて絞りますよね。実はこの時旨みが抜けてしまうんです。
無添加の切干大根なら、ざっと洗って絞ってざるに広げ、放置するだけで戻ります。
かんぴょうも無添加なら、戻し汁を干し椎茸のようにだしとして使えるんですよ。
いずれも自然の甘味と旨みが濃くかつ安心です。漂白しても正油で煮れば同じでしょ。

|

« 浴衣を着物風に着る | トップページ | オイルに精油を入れて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37357/1217837

この記事へのトラックバック一覧です: 無添加の乾物:

« 浴衣を着物風に着る | トップページ | オイルに精油を入れて »