« 頭の痛いワイン | トップページ | 浅漬けバリエーション »

2004年11月 5日

キッチンダッチで焼く

 本格的なキャンプ用品に、鋳物の鉄鍋のダッチオーブンがあります。
焚き火で使う用に長い足があり、蓋の上にも熾き火を置いて上下から加熱するのです。
アウトドア好きな私には憧れでしたが、この街に来てすっかり縁遠くなっていました。
 数年前、ダーリンが仕事中に聞いたFMラジオで、ダッチオーブンを知り、
興味を惹かれたようでした。なんと、一般家庭用のものもあるというのです。
 長い足のないキッチンダッチというもので、片手鍋とフライパンが合体したような、
コンボクッカーというものを、結局買ってしまいました。1万円くらいでした。
 野外のように熾き火を乗せて上火を効かせることは出来ませんが、
骨付きの鶏肉と皮付きポテトの蒸し焼きや、石焼ならぬ鉄鍋ビビンバ等は絶品でした。
 ですが、これを買ってから間もなく、マクロビっぽく食生活をシフトしたため、
骨付き鶏肉を食べる機会が激減してしまったのです。もったいないですね。
 そんなある日、眠っていたキッチンダッチを見て思い立ち、パンを焼いてみました。
一般的な生地を丸くし、予備加熱した中に並べ、途中で一度鍋ごと引っくり返して…。
加減がわからず焦げはしましたが、ちゃんとパンになりました。これが美味しかった!
 何度か作って時間や材料などが固定したら、レシピも公開したいと思います。

|

« 頭の痛いワイン | トップページ | 浅漬けバリエーション »

コメント

お邪魔させて頂きました。
「ダッチオーブン」私も欲しいのです。
インチキアウトドア派なので、庭や畑に持出して色々やってます。
キッチンダッチなるものがあるのですね。
10インチだと6,000円くらいですか…
欲しいけど、とっても欲しいけどチビチビ達の手術代・ワクチン代確保のためにガマンなのです(ノД`)シクシク

投稿: | 2004年11月 6日 午後 01時48分

華さん、ようこそいらっしゃいませ。お越しいただいて嬉しいです。庭、畑…いいですねー。
うちはしがない賃貸マンション暮らしですが、裏が大きな墓地で、その周りのちょっとした森の借景がなかなか見事です。今はちょうど、真っ赤に紅葉した桜の葉が散ったところで、駐車場が葉っぱだらけ。管理人さん大変だー。
他にも、20~30分も歩くと着く、ちょっとした神社の周りが公園のようになっているところとかもあって、よくお弁当を作ったり焼き立てパンとコーヒーをテイクアウトしたりして、散歩しています。
扶養家族が増えて大変でしょうけど、ひっそり応援していますヨ。また遊びにいらしてくださいね。これからもよろしくお願いいたします。

投稿: cue | 2004年11月 6日 午後 02時47分

こんにちは〜。
ロッジのスキレット、鉄のフライパンとして愛用しています。
cueさんのお話を読んでやっぱり蓋も買っておけば良かったな。。。。
ジャガイモとかさつまいもとかじっくり蓋をして焼いたら美味しいですよね。
焦げ目がテフロンのフライパンでは出せないおいしさがあってホント
お気に入りの道具のひとつです。

投稿: らーらこ | 2004年11月 6日 午後 04時13分

樹脂加工のフライパンは、ほとんど油を使わず調理が出来るのでそれはそれで便利ですけどね。同じ目玉焼きでも、スキレットなんかを使って半分揚げ焼きみたいにすると、それだけでもうご馳走ですよね。
どちらの鍋を使っても、それぞれの良さがあると思います。だから、そのときの気分や調理にかけられる時間などに合わせて、使い分けています。
最近、フライパンで焼くパン、みたいな話をあちこちで見かけますよね。それに、鋳物で出来たパンを焼く鍋の存在も以前から知ってましたので、ふと思い立ってパンを焼いてみたわけです。今回久しぶりに出してみたうちのコンボクッカーちゃんは、ちょびっと錆が出始めてました…アブナイアブナイもっと使ってあげなくちゃ。

投稿: cue | 2004年11月 6日 午後 05時34分

結婚祝いにいただいた圧力鍋、20年目に安全弁が壊れました。
メーカーで修理してくれるはずだけど、買ったほうが早い
のかしらと悩んでいるうちに2年になろうとしています。
お味噌を作るときの大豆を煮るのに、圧力鍋が一番いい柔らかさに煮えるんですよ。

家庭用のダッジオーブンがあるならそれもいいなぁ・・・
人が良いというとなんでも欲しくなる私(笑)
のべつ遣い倒さず、我が家こそ「散在」枠を作る必要がありそうです。
そういうのを真似できれば良いんですけどねf(^^;)

投稿: poponta | 2004年11月 7日 午前 12時44分

マクロビオテックという言葉、初めて知りました。肉、魚嫌いを克服しようと苦労した青春の日々は何だったのでしょう…(涙)。今では肉が無いと生きてゆけない程に、汚れてしまったこの私…。

それはさておき、「ガリレオの温度計」といい、「ダッチオーブン」といい、「BRUTUS」を思わせるその世界は、「LEE」というより「クロワッサン」的?

投稿: nanbu | 2004年11月 7日 午前 07時16分

>popontaさん
実家の圧力鍋もそのくらいで壊れて、その後は普通の鍋として使ってましたね。ダッチオーブンは圧力鍋の代わりにはならないけど、普通の料理でなく「さあ、やるぞ!」的なイベントっぽくなるので、気に入っています。準備も後片付けも手間はかかりますけど、それも含めて楽しいですよ。

>nanbuさん
考え方はいろいろあって、私もマクロビが最高とは思ってないですし、肉も卵も大好きなので無理な我慢はしていないです。いろんな事を試してみて、ちょっとでも引っかかったら、出来る範囲で取り入れてみる、って感じですね。ごはんは死ぬまで毎日食べなきゃいけないんで、悩むのも楽しみのうちでしょうか。
「クロワッサン」…鋭いですね。私の中身は、結構ビーパルだったり、創刊当時のサライだったりします。あまり女性誌成分は含まれておりませんです(笑

投稿: cue | 2004年11月 7日 午後 04時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37357/1859266

この記事へのトラックバック一覧です: キッチンダッチで焼く:

« 頭の痛いワイン | トップページ | 浅漬けバリエーション »