« 妊娠線を消す | トップページ | お茶道楽 »

2004年11月24日

柑橘類の皮活用法

 毎週取っている無農薬有機野菜の宅配に、冬みかんが良く入る季節になりました。
剥く前に外皮を流水とアクリルたわしでよく洗い、乾燥させてお風呂に入れます。
子供時代によくやりましたねー。昔ながらの、れっきとしたアロマセラピーですね。
 一般的な市販品だと、農薬やワックスなどが気になりますが、これなら安心です。
柑橘類なので、入浴後数時間は直射日光に当たらないよう注意しましょうね。
 また柑橘類の外皮は食べることも出来ます。無~低農薬ものが手に入ったので、
昨年は甘夏みかんとパール柑で皮の砂糖漬けを作りました。
 思いのほか上品な味わいで、お茶請けにもお酒のつまみにもぴったり。
漬けたり乾かしたり手間はかかるけど、オーブンを覗くとは違うワクワクがあります。
 一般的な栽培法の柑橘類しか手に入らない、と言う場合におすすめのレシピを。
たとえば八朔や伊予柑。この外皮を剥く前に軽く洗って拭き、
りんごのようにナイフで剥きます。なるべく白い綿の部分をつけないのがコツ。
 これを乾燥させ、完全に乾いたらポキポキ…もうこれだけでいいにおいがします。
適当なお皿やグラスなどに入れれば、シトラスポプリの出来上がり。
ホールのクローブやシナモンスティックを入れると、ぐっと本格的になりますよ。

柑橘類の皮の砂糖漬けの作り方はこちら

|

« 妊娠線を消す | トップページ | お茶道楽 »

コメント

いつも柑橘類よりリンゴの消費量が多い我が家ですが
今年はみかんを切らさずたくさん食べています。
減農薬栽培なので、ポプリ向きかな。
こんど無農薬で手に入ったらお風呂にいれてみよう。

余談ですが、みかんを食べていると猫が寄ってきません。
ゆ〜っくり食べられてイイ!
皮を剥いていると、やや離れたところから目を細めて
すっごい変な顔で見てるんです。
面白い!からみかんの消費量が増えているのかもしれません。

投稿: らーらこ | 2004年11月25日 午前 09時33分

何を食べていてもクレクレ言ううちのぼうずは、みかんを食べている時も寄ってきます。目の前にみかんを突き出したら、クンクンクン。そこで皮をメリッと剥いたら、うぎゃってな感じで逃走。でもスグまた寄ってくるから、剥いて実だけにしたら食べるかと思ったけど、食べませんでした。
どうせ食べないのに皮の砂糖漬けを食べている時も、私の横に張り付いて口元を覗き込んでいます。もぐもぐした口で鼻先にフーっと息をかけてやると、梅干を食べたような顔になって面白いです。

投稿: cue | 2004年11月25日 午後 01時25分

こんにちは。コメント読ませていただきました。
らーらこさんもcueさんも猫ちゃんで遊んでらっしゃいますねぇ。
犬や猫って柑橘系のにおいが苦手だと聞いたことがありますよ。うちのワンコもオレンジやみかんのにおいをかがせてやると、くんくんした後鼻にシワ寄せてへ~んな顔します。
ただ、例外もいるみたいです。おばあちゃんと仲良しのある柴犬は、おばあちゃんがみかんを食べていると横に座って分けてもらって一緒に食べるという話が、以前ワンコの雑誌の投稿に載っていました。

投稿: ポージィ | 2004年11月26日 午後 02時07分

某板でも、みかんの皮は苦手なくせに剥いてもらえばパクパク食べる猫さんが写真付きで出てましたね。
うちのぼうずはいやしんぼだから、剥いてやったらみかんでも食べるかと思ったのに、さすがに駄目のようでした。
未だ口が子供だから、酸っぱい物の美味しさは分からないのかも。てことはオトナになったら、一体何をどれだけ食べる気やら…。

投稿: cue | 2004年11月27日 午前 12時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37357/2029920

この記事へのトラックバック一覧です: 柑橘類の皮活用法:

« 妊娠線を消す | トップページ | お茶道楽 »