« 朝茶の効用 | トップページ | 蜜蝋のリップクリーム »

2004年12月21日

待機電力を整理

 家電製品のスイッチは入っていなくても、コンセントにプラグが入っているだけで、
微弱ながらも電気は使われている、これを待機電力と言います。
なんでも一般家庭では1割近くもあるとか…改善の余地がありそうですね。
 家電製品が特に多くタコ足配線のオーディオ周りとキッチンを、少し整理しました。
 まずキッチン。消費電力の大きな物は、単独のコンセントを使うしかありませんが、
全て一度に使うことはなく、またブレーカーが落ちるのでそんな使い方は不可能です。
 そこで、必ずどちらかしか使わない、炊飯器と電子レンジの電源を、
ひとつのコンセントから2口の延長コードを引っ張ってきて、そこから取ります。
しかもこの延長コードは、2つの口のそれぞれに光るスイッチがついていて、
そこでオン・オフの切り替えが出来る優れもの。間違って両方使うことはありません。
 そしてオーディオは、テレビやビデオから、アンプ、プレイヤーまで8つあるうち、
一度に使うのはせいぜい3つまで。時間再設定が厄介なビデオは挿しっぱなしですが、
それ以外は、個別にスイッチを入れられる大きなタップを通して、
使うとき使う物だけに通電し、それ以外はタップの根元で遮断しています。
 深夜に近隣の家と電気メーターの回り具合を比べると、うちはかなり遅いですよ。

|

« 朝茶の効用 | トップページ | 蜜蝋のリップクリーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37357/2249459

この記事へのトラックバック一覧です: 待機電力を整理:

« 朝茶の効用 | トップページ | 蜜蝋のリップクリーム »