« 綿のももひき | トップページ | お風呂の温度 »

2005年1月11日

自動給餌機

 比較的早くから休みが確定する年末年始は、たいてい一緒に旅行をしています。
しかし昨年は、先代の猫が亡くなり2代目はまだ子猫だったため、どこにも行けず。
その分今年は、早くから計画を立て、暮れに久しぶりの旅行をしてきました。
 問題は猫の留守番です。うちは2~3泊までなら猫に家にいてもらいます。
かつて先代をペットホテルに預けたら、ストレスにやられて帰ってきたのが不憫で、
諸説あるでしょうが、事前に良く言い聞かせて、家にいてもらうことにしています。
 今住んでいる賃貸マンションは、真冬でも10度以下に室温が下がらないので安心。
水はお風呂や洗面台で細く出しておけばOK、2~3日ならトイレも大丈夫です。
 問題はご飯です。先代は日数分のドライフードを出しておけば良かったのですが、
2代目のアビぼうずは、あればあるだけ食べてしまうんです。
 そこで、自動給餌機を買うことにしました。PC端末や電話の子機扱いで、
出先から声を聞いたり様子を見たり出来るような物までありましたが、
うちで買ったのは、ドライフード専用で日に6回まで重量とタイマーが設定出来る物。
2万数千円とちょっと値は張りましたが、使い勝手はバッチリです。
 数度テストをしたらぼうずもすぐ慣れてくれ、無事に留守番も出来ました。

|

« 綿のももひき | トップページ | お風呂の温度 »

コメント

これで外泊もバッチリですね!ぼうず君おりこうでいいな〜。給仕機は頑丈ですか?うちはジェイはともかくエルが破壊しそうな気がします。一昨年はジェイが去年はエルが来たから、泊まりがけの旅行は久しくしてません。ペットホテルは私も可哀想な気がしてしまいます。でも、今年は猫とキャンプ泊まってみようかな、なんて思っています。

投稿: 花 | 2005年1月11日 午前 10時08分

うーん、お留守番ができるといいなぁ。
ぼうず君、ごはんなどがきちんとしていれば案外のんびり気楽に
すごしているのかもしれませんね。
どこかに預けられるよりもお家でお留守番のほうがずっと良さそう。お家に帰ったときのぼうず君はどんな様子でしたか?すっごい大歓迎かな?しばらく離れた後の反応が気になったりします。

投稿: らーらこ | 2005年1月11日 午後 01時48分

そうそう、旅行の間心配ですよねー私は心配性なので旅行中も気になって、あまり楽しめなかったりします
ペットホテルって病気を貰ってしまう事もあるし、「他人」って所が一番心配なので、私がどうしても泊りがけで出かけなければいけない時は、家族に頼むか、友人のペットシッターに頼んで出かけます。
家族(ずぼらで忘れっぽい)に頼んだときは1日数回電話してちゃんと世話してくれてるか確認しますけど。w

投稿: 華 | 2005年1月11日 午後 02時34分

実はこの記事をUPする時、猫を1人で置き去りにするなんて何事?! と批判が集中するかと思ったんですが、そうでもないようでちょっと安心しました。与えているフードや、留守番する人の性格や体調にもよると思いますけど、一般に猫はお留守番には強いようですね。この自動給餌機は、本当に買ってよかったと思います。

花さん>
結構頑丈だと思いますけど、倒されちゃうかも…。うちの場合、ぼうずのご飯を置いてある場所は、棚の下のちょっと陰になっているところなので、そこに給餌機を置いたら、ちょうど引っかかって倒れなくなりました。
猫とのキャンプも憧れです。でもうちのぼうずは、リードを付けただけで縄抜けの術になってしまうので、無理そう…。

らーらこさん>
実際、家に帰るまで心配で心配で仕方なかったんですけど(心配してもしょうがないんだから帰るまで忘れなさい、とダーリンにしかられました)、帰ってみたら、普通に仕事で1日家を空けて帰った時と全く変わらない様子で、拍子抜けしました。あの心配はなんだったんだ…。家の中も出掛けた時のままで荒らされたところもなかったですし。ラテン気質のアビのいいところかもしれません。

華さん>
今回は初めてだったのでとても心配でしたけど、大丈夫ということが分かったので、次回からは安心して出掛けられそうです。
ペットホテルは、先代に2泊してもらった時に、山ほど目やにを出してぶるぶる震えて帰ってきたので、もう絶対しないと誓いました。病気を貰ったとかではなく、ストレスだったようです。本当に可哀相なことをしました。

事前に給餌機の試運転をした時、得体の知れない物体が、ウイーン、ズザー、ズザー、ズザー…と動き出したときのぼうずの反応は、かなり見ものでした。すぐに慣れて覚えちゃいましたけどね。

投稿: cue | 2005年1月11日 午後 03時27分

cueさん、とても興味深く読ませていただきました。究極の選択をするなら猫の方が好き、という私は、いつの日かの将来ニャンコと暮らすのが夢ですから大いに参考になります。
猫ちゃんと暮らしてる方、短い間なら家で留守番、という方がたくさんいらっしゃいますね。
うちは「家の中で排泄は絶対イヤ犬(クックが頑としてそう主張したんです)」ですので、独りで家に置いておくわけにはいかず、泊まりの場合は連れて行くか、かかりつけ動物病院で預かっていただきます。
幸い預かっていただいても体調を崩すことはめったにないので比較的安心していられますが、やっぱりかわいそうという気持ちで後ろ髪引かれます。連れて出かけるのも、車や電車はいいのですが飛行機(山口帰省)の場合はものすごく怖がり嫌がるので、無事出てくるまでこれまた心配でたまりません。電車のようにキャリーバック内なら飼い主と一緒で構わないとしてくれると嬉しいのですけれど...

投稿: ポージィ | 2005年1月12日 午前 09時37分

犬の場合は元々が、トイレ=散歩=運動だから、無理やり慣れさせるのはかわいそうですよね。
実家に居たころ、軽のジープに乗っていたんですけど、カヌー犬ガクみたいに大型犬を助手席に乗せて、キャンプドライブなんていいなぁー、とちょっと憧れてました。犬と一緒なら、女1人の野宿も怖くないかなーって。

投稿: cue | 2005年1月12日 午後 01時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37357/2534401

この記事へのトラックバック一覧です: 自動給餌機:

« 綿のももひき | トップページ | お風呂の温度 »