« トマト味のスープ | トップページ | 二代目がうちに来た時 »

2005年2月18日

通信環境を変える

 昨年まで、うちのインターネット接続はモデムでダイヤルアップでした。
特別重いデータをやり取りすることもなく、さほど不便は感じませんでしたが、
プロバイダのアクセスポイントが統廃合され、ほぼ同時期に私がブログを始めたため、
一気に電話料金が倍に…。しかもうちはADSLは引けない場所なんです。
 光は高価すぎてとても引けない。そこで、ケーブルテレビにしてみました。
住んでいる賃貸には元々CATVがついています。電話をしたのが昨年11月末で、
すぐにセールスの方が説明に来てくれ、次の日に簡単な工事が入り、完了です。
 …早い! 伸ばしたゴムひもがパチンと戻るように、画面がぱっと開きます。
写真や動画など重めのデータがあるサイトも、驚くほどサクサクと表示されます。
 しかもCATVのネットはつなぎ放題なので、時間の心配がいりません。
私とダーリン2台同時でも使えるので、今までと違う使い方の可能性も出てきました。
 NTTは、この1月から料金改正になったため単純に比較は出来ませんが、
差額とCATVの料金でほぼトントン。ちなみに電気料金は殆ど変わっていません。
 でもノーストレスでつながる接続と、そこから得ることの出来る圧倒的な情報量、
そして、おかげで少し変わった私たちの環境…。お金だけではない大きな収穫でした。

|

« トマト味のスープ | トップページ | 二代目がうちに来た時 »

コメント

私も一昨年の夏、ADSLにするまではダイヤルアップだったので、その感覚は良く分かります。
最初CATVに問い合わせたのですが、ケーブルが古い型だそうで断られて…。家内が既にISDN用のターミナルアダプタでシステムを組んでいたので、知識のない私にはどうする事も出来ず、それのアナログ端子に繋いでました。
時間を気にしながらでは、あちこちのサイトを見るなんて事も出来ませんでしたし…。なにより時計と睨めっこしないで済むのは快適ですよね〜。

投稿: nanbu | 2005年2月18日 午後 02時18分

ウチ(というか会社)も数年前までダイアルアップだったんですが、契約関係が電子署名に変わりつつあるのでケーブルテレビに変えました。
あまりの速さに目が点…
最近はこの速さに慣れてしまっているので、たまにダイアルアップ使うとイライラ、ムキーッってなっちゃいます

投稿: | 2005年2月19日 午後 12時51分

>nanbuさん
アクセスポイントが変わって最初の月に来たNTTの請求書を見て、ぶっ飛びましたもの(笑)
ケーブルテレビは、セキュリティとかいろんな点で心配があって、あえてダイヤルアップのままで使ってたんですよね。でも実際使ってみたら、あまり心配ないみたいです。ただ、時々つながりが悪い時はありますけど。万一の時のため、ダイヤルアップのモデムはつないであります。

>華さん
私は忍耐力がないので、仕事か何かでどうしても見なくてはならないもの以外は、クリックから表示までせいぜい10秒くらいしか待てません。
快適ですねーケーブルテレビ。こんなだったら、もっと早くすればよかったです。
でも、ダイヤルアップモデムの「ピポピポ…ピー…ビョンビョン…」っていう音、好きだったんですよ。アナログレコードの針を落とした時の、「ボツン、…チリチリ…」っていうのとちょっと似てて、なんかワクワクしません?

投稿: cue | 2005年2月19日 午後 01時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37357/2919480

この記事へのトラックバック一覧です: 通信環境を変える:

« トマト味のスープ | トップページ | 二代目がうちに来た時 »