« 箸の水切り | トップページ | 組み立てスチール棚 »

2005年6月14日

初夏の仕事

 毎年6月になると、大きな仕事がいくつも一度にやってきます。
各種漬けモノ用の、らっきょうや小梅、梅が一気に収穫を迎えるからです。
 無農薬有機栽培野菜のカタログにこれらを見つけると、ああ夏が来るナァと、
嬉しいやら辛いやらでちょっぴり複雑な気分になります。
 それぞれがある程度時期をずらしてバラけて来てくれればいいんですけど、
だいたいこの3つはほぼ同じ時期に収穫期を迎えるようで、まあ仕方がありません。
 決まって漬けるのは、らっきょうの酢正油漬け、小梅漬け、梅酒の3種類。
梅と小梅は、アクを抜くために一晩水に漬けなくてはいけないので、
とりあえず容器に移してざっと洗って水を張れば、続きは明日の仕事です。
 問題はらっきょうです。土付きで来るので、まずは水に浸して土を緩め、
洗いながら薄皮をむいてから、頭と尻尾と悪くなったところを切り落とすんです。
すぐにやらないと、どんどん鮮度が悪くなるので、これだけはやらなくちゃ。
 残業で夜中に帰ってきてからのこの大仕事は、かなり辛い時もあります。
でも初夏のこのほんの一時期だけ頑張れば、1年間美味しく暮らせるので、
そう自分に言い聞かせて今年もやります。ダーリンも手伝ってくれて助かっています。

|

« 箸の水切り | トップページ | 組み立てスチール棚 »

コメント

あぁぁぁ~
ウチにも超大量の梅とラッキョウがぁ~
食べるのは好きなんだけど、漬けるまでがメンドクサイんですよね…
今年の梅干は、かつお梅にしよう!と去年決めたんですが、作り方を書いた紙をなくしちゃった…(涙

投稿: | 2005年6月14日 午後 04時14分

梅干にしてからかつおとあわせるのではなくて、そういうレシピがあるんですか? キョーミありますぅ。
やっぱり、華さんのところには自家製梅&らっきょうがあるんですね。流通のことを考えないで、本当の食べ頃まで畑や木に置いておけるから、美味しいでしょうねー。

投稿: cue | 2005年6月15日 午前 01時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37357/4530849

この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の仕事:

» 小梅漬けの作り方 [シンプルに暮らそう レシピ別館]
*梅干は腰にいいと聞くけれど、酸っぱくて1つは食べきれない、というダーリンの為に [続きを読む]

受信: 2005年6月16日 午前 03時08分

» らっきょうの酢正油漬けの作り方 [シンプルに暮らそう レシピ別館]
*昔から、カレーの横についてくる甘酸っぱいらっきょうは嫌いでした。でも、このレシ [続きを読む]

受信: 2005年6月16日 午前 03時08分

» 梅酒の作り方 [シンプルに暮らそう レシピ別館]
*今年はもう終わってしまいましたが、毎年春先、青梅の季節には、これを必ず1~2本 [続きを読む]

受信: 2005年6月16日 午前 03時09分

« 箸の水切り | トップページ | 組み立てスチール棚 »