« 全ての鍋にふたを | トップページ | エスプレッソメーカー »

2005年6月28日

ガスの炎は小さく

 今の家に引っ越すにあたり、いくつか不安なことがありました。
そのひとつが、ガスがプロパンで、給湯も暖房もLPガスだということ。
前の家で初めて都市ガスを使い、馬力の強さと値段の安さに慣れてしまったので…。
 新しい環境ではまだ日が浅く、比較するほどのデータは揃っていませんが、
今のところガス料金は、前の家と殆ど変わらない程度のようです。
 逆に良かったと思うのは、システムキッチンに造り付けのコンロが、
手前に普通のとハイカロリーバーナーが並び、さらに奥にとろ火の計3口あること。
この小さな火が、思っていた以上に使えるんです。
 まず、当然ですがとろ火の火加減がしやすくなりました。
コトコト弱火で煮たいものはもちろんですが、やかんのお湯を数分間沸騰させて、
カルキを抜いてからポットに詰めるのに丁度いい火加減でもあります。
 また、これのおかげでミルクパンのような小さな鍋が使いやすくなりました。
大きなバーナーでは、上手に火を絞らないと、すぐ鍋のお尻から炎があふれ、
鍋の柄やぐるりばかりが焦げる原因にも、なっていたのでした。
 ガスの炎を鍋の底に合わせることにより、ガス代の節約にもなりそうです。

|

« 全ての鍋にふたを | トップページ | エスプレッソメーカー »

コメント

こんにちは
わたしも3つ目の小さなコンロ、引っ越して以来重宝してます。

島ではどこでもプロパンガスなので、都市ガスの方が火力と値段でお得だとは知りませんでした。
実は都市ガスを使ったことがないので災害のニュースの時に、ガスの復旧云々について「なんのこっちゃ?」だったんです。(汗)

投稿: pyo | 2005年6月28日 午前 10時18分

実際に使ってみるまで、3口コンロなんで無駄だと思ってました。でも現状は、一番使うのがとろ火で、二番目が普通ので、ハイカロリーバーナーは殆ど使うこと無いです。
北国は、都市ガスだと暖房と給湯他が別メーターになっていて、冬期間だけ暖房メーターが割安になったりするんですよー。都市ガスも、使ってみるまで怖いイメージしか無かったですけど、実際はパワーがあっていいものでした。前の家に入居した後で、地区の都市ガスが天然ガス型へ転換して、安全でより強力になったので、正直言うと引っ越すとき少し惜しい気もしました。

投稿: cue | 2005年6月29日 午前 02時06分

3口めちゃめちゃうらやましい!
家は2口だし、すっごく使いづらいんです。
熱いお鍋をちょっと置く場所もないし、ハイカロリーのは火が大きすぎて
18センチのお鍋で点火すると取っ手が燃える。
賃貸なので替えられないから我慢して使うしか無いけど・・・。
じっくりとろ火で、なんていうお料理も3口あれば余裕を持って出来そう。

投稿: らーらこ | 2005年6月30日 午後 03時13分

造り付けのコンロってなんかやだな、と思ってましたけど、新しいのを買わずに済んだし、使い勝手はいいし、お気に入りです。
特にグリルが気になりましたけど、きれいに洗って普通に使っちゃってます。
ちなみにLPガスでも造り付けのものは、コンロも湯沸し器もガスストーブも、全部ガス会社のものなので、万一故障などの場合は、ガス会社が無料で修理or交換してくれるんですって。知らなかったー。

投稿: cue | 2005年7月 1日 午前 01時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37357/4725195

この記事へのトラックバック一覧です: ガスの炎は小さく:

« 全ての鍋にふたを | トップページ | エスプレッソメーカー »