« 携帯ホットライン | トップページ | 受け継ぐ着物 »

2005年11月 1日

ダッチオーブンで焼き芋

 いつも頼んでいる無農薬有機栽培野菜の宅配で、さつまいもが来ました。
大きくてきれいで、とても美味しそうです。いつもならふかして食べるんですが、
今回は焼き芋にしてみました。使ったのはキッチンダッチのコンボクッカーです。

 ごろんと大きく切ったさつまいもを、プレヒートした本体に並べ、
同じくしっかりプレヒートしたふた部分をセットして、弱火にかけます。
 時々開けて中を見たり、動かしたりゆすったり、鍋ごと引っくり返したり。
だんだん甘いいい香りがしてきて、30分ほどでほっくりと焼きあがりました。
割ると中からまぶしい黄金色の身が出てきます。これは蒸しでは味わえませんね。
 殆ど空焚き状態で焼くわけですから、もっと焦げるかと思ったのですが、
程よく美味しそうな焦げ目がつく程度で、焼けた皮も美味しくいただきました。
アイアンキャスト素材が、うまい具合に熱を抱き、発散させたからでしょう。
 実はこれを買って間もなく、食生活をマクロビ寄りに変えたため、
骨付き鶏などダッチオーブンの得意料理を作る機会がなくなっていました。
 同じ料理法で、じゃがいもやかぼちゃなども美味しく出来そうです。
落ち葉を集めた焚き火で焼いたみたいで、何となくアウトドア気分でもあります。

|

« 携帯ホットライン | トップページ | 受け継ぐ着物 »

コメント

ダッチオーブンとなれば反応しなければ!(笑)

美味しいんですよね、ダッチオーブンでの料理。
アメリカで流行ってこちらにきたのでオススメ料理は西洋料理が多いんですが
「鉄鍋」といえば、日本の囲炉裏にかかってるあれもそうでしょう?

ということで、じっくり煮込む日本料理に適してるのではないかとわたし以前から考えています。

実は、一晩水につけて戻した干し椎茸とコンブ、その戻し汁と一緒にダッチオーブンにいれて、弱火で長時間加熱し、醤油や塩などで味を調えると、びっくりするほど美味しいものができあがります。時間かかりますが。

乾物の美味しいものつくりにはいけるんじゃないかと、いつかゆっくり試してみようと考えてます。

投稿: pyo | 2005年11月 4日 午前 11時17分

南部鉄器とかで素敵なのありますよねー。他にも、鋳物で焼き芋用の鍋とか、パン焼き専用のとか、見た覚えが。モノ好きの血が騒ぎます。
今回焼き芋を作ってみて、本当に遠赤外線が出てるんだなーって実感しました。この調子で和風の煮物とか作ったら、物凄く熟成した味になりそうですね。それいいかも。
ダッチオーブン! とかまえちゃうと使いそびれてしまうので、とにかく何でもいいからもっと遣ってみようと思っています。焼き芋は、本当に簡単でした。これならいつでも気軽に出来そうです。

投稿: cue | 2005年11月 5日 午前 05時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37357/6798612

この記事へのトラックバック一覧です: ダッチオーブンで焼き芋:

« 携帯ホットライン | トップページ | 受け継ぐ着物 »