« 受け継ぐ着物 | トップページ | 小皿と冷凍容器 »

2005年11月 8日

揚げ玉作り

 実家に帰るたび、ぱぱりんのリクエストに応えて料理を作っています。
真っ先に頼まれたのが、てんぷらでした。正確に言うと揚げ玉です。

 ぱぱりんは温かいおそばが大好き。乾麺と市販の麺つゆが常に買い置きしてあり、
自分で麺を茹でスープを作って食べています。毎日続いてもかまわないそうです。
 そばのだしに葱や鶏肉などは一切不要。揚げ玉だけのシンプルなものが好きだとか。
だから、てんぷらを作り、残った衣で揚げ玉をたくさん作って欲しいと言うのです。
 てんぷらは私も大好物。ただ、換気の悪いマンションのキッチンで揚げると、
家中が油くさくなっていつまでも抜けないのがイヤで、作らないだけなんです。
 実家で揚げるてんぷらは、まず油が冷たいうちに生のにんにくを裸で入れ、点火。
じわじわと火が通り、油が適温になる頃にはホクホクに。臭いも全くありません。
 衣は、薄力粉と冷水と卵だけで作ります。天種は、茄子、ピーマンに、
エリンギ、かぼちゃ、玉ねぎのかき揚げ…野菜ばかりですね。
 揚げ物をすると、衣が残るのがイヤなんですけど、今回はその心配もいりません。
揚げ玉なら少ない油でも出来るため、油も殆ど残らず、後片付けもとても楽です。
油を切って密封袋に入れ冷凍庫で保存し、凍ったまま熱い麺つゆに入れて使います。

|

« 受け継ぐ着物 | トップページ | 小皿と冷凍容器 »

コメント

天ぷらは少々失敗しても、家で食べるのが一番好きです。
買って来た揚げ玉じゃなくて自家製のものなら美味しくて心豊かな一食になりますね。
今度、天ぷらをするときにんにく揚げをしてみたいです。
天ぷらがにんにく風味になるのですか?

投稿: らーらこ | 2005年11月 8日 午後 08時48分

にんにくは、油の風味付けにはならないです。低温からじっくりじんわり熱を通すことによって、臭いの成分がおとなしくなるし胃にも優しくなるので、食べやすいんですよ。丸のままなら油もはねないし、油温が上がるまでの間を使えば焦げないし効率もいいです。昔は薪ストーブの灰汁の中に埋めたりしたみたいですよ。食べてすぐの外出もOKです。実家の冷凍庫に、ままりんが剥いて丸のまま冷凍したにんにくがたくさん入っていたのを見つけて、これを何とかしなきゃなーと、てんぷらのたびにせっせと揚げているわけです。

投稿: cue | 2005年11月 9日 午前 01時57分

一人では、なかなか天ぷらは作りませんよね。一緒だと、種も色々揃えられ、あれも美味しい、これもなかなかって、語り合いながら食べるのは楽しいです。そして、揚げ玉も手に入って、お父様ご満悦ですね。

投稿: 花 | 2005年11月10日 午前 09時57分

てんぷらは、すべて揚がるのを待ってから食べると、冷めちゃうので、ちょっとお行儀が悪いですが、揚げながら食べます。考えようによっては、てんぷら屋さんのカウンターで、お好みで食べてるみたいで、なかなか楽しいですよ。

投稿: cue | 2005年11月11日 午後 09時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37357/6798751

この記事へのトラックバック一覧です: 揚げ玉作り:

« 受け継ぐ着物 | トップページ | 小皿と冷凍容器 »