« グラスワイン | トップページ | コットンのラグ »

2006年1月31日

グリルのカスタマイズ

123

 月に1回平均で実家に帰っていますが、良いものを見つけて思わず真似しました。
キッチンのガス台の魚を焼くグリルに、網が追加で置いてあったのです。

 ガス台の横にいつももち焼き網が置いてあり、何に使うのか不思議でしたが、
昨年、一回り小さいガス台に買い換えた後で、その網も小さくなっていたんです。
グリルのサイズに合わせて、切ったり曲げたりで自分でサイズを変えたそうです。
 主に焼肉を食べるとき、グリルで焼くとにおいも煙も気にならないけど、
付属の網では肉が汁受けの水に落ちてしまうのでいつも網を載せている、とのこと。
 そこではたと思い当たりました。今私が住んでいる物件はシステムキッチンで、
ガス台は元からついていたビルトインタイプ。当然グリルも前の人が使ったものです。
いくら洗っても口に入るものを置くので気になりますし、すでにさびが浮いています。
 それにうちでは、グリルを使ってよく焼き野菜などをするのですが、
備え付けの網は間隔が広いので、焼いて縮んだ野菜が落ちたり、
受け皿に入れている魚石がくっついたりして、これもまた気になるところでした。
 さっそく近所の100円ショップに行って、最もサイズの近い焼き網を買ってきて、
ペンチとプライヤーを使って微調整をしました。これはなかなか優れものです。

|

« グラスワイン | トップページ | コットンのラグ »

コメント

いいアイデアですね。早速真似したいです。
網の間からの落下を気にせず焼き肉が出来る!
餅もパンもちょっとしたあたためも全部グリルなのでますます便利になりそうです。
丁度良い大きさのアミが手に入ればいいんだけどな〜。

投稿: らーらこ | 2006年2月 1日 午後 02時42分

これ、ホントに便利です。うちの場合、ちょうど縦横のサイズがぴったりのものが合ったんですよ。
ただ、あまりにもぴったり過ぎて、微妙に入らなかったため、元から付いている網の足が入るように穴をあけ(右の写真)、それでも微妙に入らなかったので、片方だけ外枠を曲げました(真ん中の写真)。実家から持ってきたペンチとプライヤーが役に立ちました。
ちなみにこの金網は、昨年8月に「ぼうずの手作り猫ごはん」の方で、猫ガードの記事→ http://simplenikuraso.tea-nifty.com/test/2005/08/post_3be5.html で使ったものと全く同じ、なぜかA4サイズのものです。
この手の金網は、切ったり折ったり曲げたりすると、その部分がトゲトゲと引っかかりやすくなりますので、使ったり洗ったりするときに手を切らないように、注意してくださいね。

投稿: cue | 2006年2月 2日 午前 01時44分

初めまして。
レンジ下のグリル、けっこう安く交換できるんですよ。
我が家のグリル、焼き魚が好きで、よく使うんですが、10年ほど使ったら、底に穴が。
メーカーに問い合わせたら、2000円しない値段で新品が送ってきましたよ。
私は受け取りに行くのも大変なので、送料込みで送ってもらいました。

投稿: シーサイド | 2006年4月 8日 午後 08時20分

>>シーサイドさん
初めまして、ようこそいらっしゃいませ。お越しいただいて嬉しいです。
なるほどー、あそこって部品取り寄せが出来るんだ。
良いこと効きました、ちょっと調べてみます。

造り付けの瞬間湯沸し器とストーブとガス台は、ガス会社の持ち物なので、
不具合があれば無料で修理や部品交換はしてもらえるので、
入居してスグ湯沸し器は修理してもらいましたが、グリルはそのままにしてました。

また遊びに来てくださいね。

投稿: cue | 2006年4月 9日 午後 04時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37357/8411500

この記事へのトラックバック一覧です: グリルのカスタマイズ:

« グラスワイン | トップページ | コットンのラグ »