« ウォークインクロゼットその後 | トップページ | 正しい調味料 »

2006年2月21日

残さない

 一人暮しを始めた頃、一人分の料理を作る感覚がなかなか掴めず、難儀しました。
どうしても作りすぎるし、煮こみ物などは、量が少ないと味が出ないんです。

 それでもそのうち慣れ、小人数用だからこそ出来る料理法などもわかってきました。
やがてマクロビオティックと出会い、まるごと食を心がけているので、
捨てる部分が殆どないため、野菜くずなどの生ごみはさらに激減しています。
 たまに外食などするとき、周りのテーブルや同席者が気になります。
食べきれないほどの料理を取って平気で残したり、露骨に選って食べ散らかしたり。
 国によっては、出された料理をきれいに平らげると「足りなかった」の意味になり、
却って失礼に当たる場合もありますが、現在の日本はそうではないでしょう。
 私たちが外食するときは、必ず食べきれる量を頼み付け合わせ等も殆ど残しません。
本当に食べられないものは相棒が食べるか、もしくは最初に奇麗によけてしまいます。
 料理を作るときも、確実に食べきれる量を作り、傷んだりする前に食べきります。
麺類や汁物が好きでよく作りますが、量や味の濃さには細心の注意を払い、
美味しくて味の濃すぎないものを、必要最小限の量だけ作っています。
 食べきれないほど作らず腐る前に食べきる。今年のテーマ「適量」にも通じます。

|

« ウォークインクロゼットその後 | トップページ | 正しい調味料 »

コメント

私も食べ残しは気になります。
子供の食欲って気紛れで。
ウチの子が小さかった頃は、ファミレス等で取り皿をもらったりして、残しても大人が食べきれる量しか注文しないようにしてました。(変に食欲がある時は、その分大人がひもじい思いをしましたが。(^^;))
育ち盛りになった今では、私の倍以上食べるようになって…。
結局、ひもじい事に変わりなかったりして。(笑)

投稿: nanbu | 2006年2月26日 午前 10時35分

小さい子供が居る間は仕方ないでしょうね。
でも、若い人とか、それほど若くもない人で、はたから見ていて物凄く気になる食べ方をする人っていますよね。
それを見て育つ子供が、ちゃんとした食習慣が身につくとは思えないような…。
ちょっと乱暴かもですが、親のひもじさというか我慢をしている姿を見て育つ子は、いろんな物を大切に出来る子になるんじゃないかしら。
それにしても子供って、観察力が凄いというか、見て欲しくないとこばっかり見ていて、真似されたくないことばっかり真似しますよね。

投稿: cue | 2006年2月26日 午後 08時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37357/8748771

この記事へのトラックバック一覧です: 残さない:

« ウォークインクロゼットその後 | トップページ | 正しい調味料 »