« 今年の庭計画 | トップページ | クッキーはどこで焼く »

2006年3月28日

おから・卯の花

 最近気になる食材に、おからがあります。別名卯の花、きらずともいいますね。
お豆腐を作るときに大豆を絞って豆乳を取りますが、その残りかすのことです。
当然、大豆たん白が豊富で、食物繊維の塊のような、すばらしい食材です。

 昔は、お豆腐やさんの店先で山盛りになっていたのを見かけたものですが、
最近は、スーパーの片隅で時々ひっそり置かれている程度。売れないからです。
 居酒屋などに行くと、懐かしい料理として小鉢で出されたりすることがありますね。
これは最も一般的な料理法で、煎り煮、とでも言いましょうか。でも、
味付けや料理法を変えれば、もっと美味しく、沢山食べられるのではと思ったんです。
 煎り煮にするなら、ひじきやにんじんなど歯ごたえのある野菜を足して、
単調な食感に変化を持たせてやるのがポイント。元々の味が殆どないものなので、
味付けは和洋中と何にでも合わせられます。お好みでいいでしょう。
 とにかく傷みやすいものなので、買って来たらすぐ小分けして冷凍しておき、
煮物や麺の残り汁など適当な煮汁が出たら、それを活用するのも手です。
 さらには、パンやケーキの生地の中に練り込めば、普通に焼けてしまいます。
食物繊維と大豆たん白が強化され風味もUP。この面白い素材に、ただいま夢中です。

|

« 今年の庭計画 | トップページ | クッキーはどこで焼く »

コメント

私がバイトしてるお店では、「おからコーヒー」っていうのを作って売ってるんですよ
コーヒー飲みたいけど、カフェインがー…ってお客様に好評です。
言われなきゃ「おから」でできてるなんて全然分かりません
作り方は、ただただ炒る!真っ黒になるまで焦がさないようにひたすら炒る!と言ってましたが、本当かどうかは試してませんw

投稿: | 2006年3月31日 午後 03時37分

おからコーヒー、なるほどですね! お店で作っているのかしら?
ノンカフェインのコーヒーとして、タンポポやチコリや大豆を使う話は聞いたことがありまして、自分でタンポポを掘ってきて洗って干して作ってみたことがあります。
そのときは煎りが弱かったため、靴下の味がしました(なんだそりゃ)。

おからというのはいいアイディアですね! 煎った後で挽く手間も省けるし。今度やってみよう。華さんありがとです。

投稿: cue | 2006年4月 1日 午後 12時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37357/9278326

この記事へのトラックバック一覧です: おから・卯の花:

« 今年の庭計画 | トップページ | クッキーはどこで焼く »