« ひと駅歩く | トップページ | リサイクルのベランダ »

2006年8月 1日

セラミックのフライパン

 22cmと27cmの2つあるフライパンのうち、ほぼ毎日使う22cmのフッ素樹脂加工のものが、
とうとう焦げるようになったので、新素材のセラミックコートのものに買い替えました。

 たまにしか使わない27cmのものも、セラミックコートと書かれていましたが、
今回買ったものとは少し違い、鋳鉄にホーロー引きのような材質で、
金属へらが使える一方、油は鉄鍋と同じくらいたっぷり引かないと焦げ付くものです。
 今回買ったのは、コーティングは硬いものではないようですがフッ素樹脂ではなく、
その代わり銀の微細な粒子が入っているとかで、熱伝導率がものすごくいいんです。
考えてみれば、熱伝導に優れる金属の内側に樹脂を塗れば熱効率は悪くなって当然です。
 そこでちょっと実験を…家にある鍋を総動員して、お湯を沸かしてみました。
ステンレス3層片手鍋、銅のやかん、はげたフッ素樹脂フライパン、新しいフライパンです。
同じ温度の水を同量入れて同じコンロでふたは外して加熱し、温度と時間を計りました。
 一番早く沸騰したのがやはり銅のやかんで、次点のステンレス3層鍋は時間で112%。
その次は新しいフライパンで133%、はげたフッ素樹脂のは142%でした。
 つまりうんと乱暴な計算ですが、新旧のフランパンを比べると、ガス代が1割くらい
節約できる可能性あり。ごく少量の油と弱火で調理できるので、使い勝手は抜群です。

※関連全ブログの最新情報はこちら→《シンプルに暮らそうTOP》

|

« ひと駅歩く | トップページ | リサイクルのベランダ »

コメント

テフロンのフライパン捨てるの嫌だなぁ、と思いつつ年一回位買い替えている・・・。
cueさんの今度買われたのは全く油無しだとこびりつきますか?
今度は長持ちするのにしたい〜。

投稿: らーらこ | 2006年8月 5日 午後 03時50分

物によりますけど、油揚げや魚河岸くんや天ぷらかまぼこのようなものを焼くときは
油は引かずに焼いています。
そのままぺたんと並べてから弱ーく火をつけてふたをして、両面をじわじわと。
本人の油で十分焼けます。
もやしのから煎りなどは、全く油ナシで弱火でOKです。
でも、卵などを焼くときは、普通に油は引かないとですね。
目玉焼きで蒸し焼きっぽくするなら、ふたと火加減で何とかいけそうですが、
オムレツのような、もともと油で調理する味のよさがキモの料理は、ある程度油が必要です。
といっても、鉄鍋の半分くらいで大丈夫そうですよ。

今回この、ちょっといいフライパンを買って初めて知ったんですけど、
樹脂加工のフライパンは熱伝導率が悪いものだから、
世間一般に、皆さん火を強くしすぎる傾向があるそうです。
本当は弱~中火でじっくり予熱してから、弱~中火のままで使ってほしいのだそうです。

プロのコックさんが、鉄の中華なべやフライパンを使って、
油から煙が出るくらいに熱して、
めらめら炎を上げながらいためているのをイメージして、
同じ調子で樹脂加工のフライパンを使うと、コーティングがすぐ溶けちゃうらしいですよ。
これ全部、フライパンについていた冊子からの受け売りです。
私はへーと思いましたですよ。

投稿: cue | 2006年8月 6日 午後 12時46分

溶けたコーティングは口の中に入っているんですよね?(ゾーッ)。
以前ちらし寿司のお裾分けを頂いたとき錦糸卵が美味しくて感動したことがあるんです。
あの味を目指していつも作るのですが全然ダメ。
あまり薄っぺらじゃなく水分多めで本当においしかった。
主婦歴50年くらいの方だからこそ出せる味だったのかな?
味付けも知りたいけれど、どんな器具でどんな火加減で焼いたのか非常に気になる所です。
話しが脱線しましたが、今度購入するときはセラミックコート22cmを考えてみます。セラートじゃないですよね?

投稿: らーらこ | 2006年8月 6日 午後 04時19分

ナノセラピコっていうやつです。
らでぃっしゅでも時々紹介されていて、
気にはなっていたけどいまいち納得のいく説明ではなかったのです。
今回デパートで売っているのを見つけて、実物を手にとって見て、
付いている冊子を読んで、納得したので買いました。
今のところは、絶好調ですよん。

投稿: cue | 2006年8月 6日 午後 11時02分

早速調べた所、深型のと浅型のがあるようで迷います。
実物を見たくなりましたのでデパートへ行ったとき探してみますね。
ありがとうございました。

投稿: らーらこ | 2006年8月 7日 午前 10時54分

どういたしまして。
少しでも参考になったらうれしいです。

昔実家で玉子焼き用に使っていた、鉄の18cmフライパンは、実に使いやすかったですね。
それこそ、油なんか引かなくても、錦糸玉子くらいなら焼けちゃいましたもの。
たっぷり油がしみて、真っ黒ないい色とつやをしていました。
それこそ、シーズニングですね。

樹脂加工のフライパンで錦糸玉子を焼くなら、
キッチンペーパーに油を含ませて、それで拭く程度に薄く油を塗って、
弱い火でじっくり焼く感じかな?
もしくはずるっ子して、卵の方に水溶き片栗粉を少し混ぜちゃうか。
そうすると、食感は少し落ちるけど、形はきれいに焼けるようです。

投稿: cue | 2006年8月 8日 午前 04時31分

おはようございます
私は最近ブログを始めたばかりのものです
ちょっと検索していて ここに出会いました
で 読ませていただいていたら ナノセラの鍋のことが書かれていて 今私もこれに関心をよせているので 参考になりました

私もシンプルライフとタイトルをつけているのですが同じ考えなのかな?と思い 又寄らせていただきます
宜しくお願いします

投稿: RANA | 2006年8月20日 午前 09時13分

>>RANAさん
ようこそいらっしゃいませ、お越しいただいてうれしいです。
ナノセラ鍋は、今のところとてもいい感じですよ。
値段以上の価値はある→元は取れると考えています。
私のシンプルライフは、いかにして手を抜くかとか、
何か省けるものはないかとか、そんな地味なものですが、
続けているとゲームのようで楽しいですよ。
まずは身の回りの、自分の暮らしに目を向けることが、大切だと思います。
また遊びに来てくださいね。
ブログの方にもゆっくり寄らせていただきます。

投稿: cue | 2006年8月21日 午前 11時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37357/11174821

この記事へのトラックバック一覧です: セラミックのフライパン :

« ひと駅歩く | トップページ | リサイクルのベランダ »