« 取っ手を替えてみた | トップページ | りんごを磨く »

2006年11月16日

シュレッダーについて考える

Img_2317Img_2320 これは、うちで使っているシュレッダーです。ヨドバシで680円で買いました。正確に言うと、ポイントで貰ったので無料です。手回し式で、一度にはがき1枚程度の厚さものしか切れませんが、それでもいっちょまえにクロスカットなんですよ。

 少し前から、シュレッダーによる事故のニュースがよく取り上げられていますよね? 今日は、シュレッダーについて少し考えてみました。

 個人情報保護法、なんてもののおかげで、一般家庭にもシュレッダーがかなり売れたと聞きます。いつ導入したかは覚えていませんが、うちでもこの手回し式シュレッダーを使って、処分するDMや各種書類、伝票などから名前や住所が載っている部分だけをむしりとって、シュレッダーしてから捨てています。

 昨年、ままりんの遺品整理のときにもシュレッダー作業を山ほどやり、その大変さに懲りて、以後はとにかくこまめに、しょっちゅうむしっては切り刻んで捨てています。とにかく、貯めないことが楽にやっつける一番のポイントです。

 最近良く、シュレッダーによる事故の話を聞きます。元々シュレッダーとはオフィスでも、ネクタイなどの巻き込みによる事故が良く問題になっていました。つまりそもそもこれは、大変便利ではありますが、取り扱いに注意を要する危ない道具なのです。

 うちで使っているこの手回しシュレッダーは、ハンドルを回す手とは逆の、もう片方の手で本体と蓋をしっかり押さえないと回すことが出来ません。つまり、上の投入口に手を突っ込んで怪我をするのは、とても難しいです。電動で一気にジャーっと刻んでしまうわけではないので、万一何かものを巻き込んだりしてもすぐにとめることが出来るので安心です。

 人間はとかく、便利なもの、楽なものに走りがちですが、分不相応に高機能なものを持っていても、むだなばかりか、シュレッダーの一件のように危険な場合もあるんだなぁ、とふと思ったのでした。確かにシュレッダーは面白いです。子供の目で見ていたら、面白くて触りたくなるのも無理ないかもしれません。

 既にシュレッダーを今現在持っている、という方は、必要な時以外は電源を抜くなどして、事故にならないように注意しましょう。

|

« 取っ手を替えてみた | トップページ | りんごを磨く »

コメント

こんにちは
シュレッダー、我が家にあるのもこのタイプです。
でも最近さらに面倒くさくなって(苦笑)
ハサミで縦横に切ってすててたりします。

シュレッダー作業がめんどいなぁと思うようになってから、
企業のDMが届くと思わず「ゴミが増えた」と感じてしまうようになってしまいました。(苦笑)

投稿: pyo | 2006年11月16日 午後 12時34分

こんにちは、お久し振りです。
これ、いい買い物だなーと思っています。
ただ大量には切れなくて、ハンドル部分がメキメキきしんだりしてますけどね(笑

DMもですけど、宅配野菜に入ってくるカタログというかチラシの多さにもげんなりしています。
DMの本当に要らないヤツは、開封しないで表の宛名部分に「受取拒否」と書いた紙を貼り付けてポストに入れると、差出人に戻してもらえるんですよ。
もちろんこちらは、切手はいらないです。よろしかったらお試しを。

投稿: cue | 2006年11月17日 午前 04時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37357/12704830

この記事へのトラックバック一覧です: シュレッダーについて考える:

« 取っ手を替えてみた | トップページ | りんごを磨く »