« ご連絡 | トップページ | バナナとサンドイッチ »

2007年3月30日

netショップと実店舗

 ダーリンが仕事で使う専門書を探していまして、先日その買い物に付き合いました。結果的に店頭にはどこにも無く、netの本屋さんで1冊と、古くからある地元では少し大きい書店で1冊を取り寄せました。そのときに感じたことをまとめてみます。

 まずnetの本屋さん。書名や著者名などがわかっているなら、検索をかけるだけで居ながらにして簡単に在庫の有無がわかり、便利です。ある程度金額がまとまれば送料は無料になりますので、こういうときのために買わずにおいた、急がないけどほしい本を一緒に注文しました。

 支払方法は、品物の配達時に代金を支払う代引きもありますが、今回は代引きを選ぶと手数料がかかるとのことなので、こういうときのために1枚だけ作ってあるクレジットカードにしました。1回払いにすれば、もちろん手数料はかかりません。

 注文した翌日には荷物は倉庫を出、その2日後には手元に到着しています。早いですねー。荷造りもとても効率的かつ効果的で、本はまったく傷んでいません。さすが、世界にその名をとどろかせる専門サイトなだけはあります。

 そして地元の書店さん。ダーリンが持参したほしい本をリストアップしたメモを手にまず注文。祭日だったので、在庫の有無確認や納期の連絡は明日以降だろうと思っていたら、店を出た1時間後にはもう留守電に連絡が入っていました。

 1冊はメーカー在庫が確認できたので数日後に入荷予定とのこと。もう1冊の在庫状況に関する答えに、私たちはちょっとびっくりしました。「こちらの出版社は特約店にしか本を卸していないので、当店では取り寄せることが出来ません。取り扱いがあるのは、市内ではK書店さんだけですのでよろしかったら...」と、ライバル店の実名を挙げて教えてくれたのです。

 事前にnetの在庫は調べてあったので、結果的にダーリンは、この本をnetの本屋さんで買うことにしました。そして数日後、入荷の連絡を受けて地元の書店さんに出向いた私たちは、もう1回驚くことになります。

 注文した本と一緒に渡された1枚のA4の紙、それは先の、この店とは取引の無い出版社のホームページからプリントした、個人で本を取り寄せするときの問い合わせ先と振込み口座などが書かれた、申し込み方法のページでした。そしてその余白にボールペンの手書きで、先日電話で教えてくれたK書店の名前が、再度書いてあったのです。

 ここ数年、net媒体のそれこそ破竹の勢いの進歩とは対照的に、目に見えて紙媒体は衰退しています。それでなくても、終わりの見えない不景気にあって、まさかと思われるような会社が潰れてしまう時代です。中小の書店さんは少しずつ姿を消し、大きな書店さんも業務縮小や店舗統廃合などをして、生き残りをかけているといっても言い過ぎではないでしょう。

 そんな中にあって、今回の地元の書店さんがしてくださった対応は、プロを感じさせるとても気持ちのよいものでした。会社自体のモラルを疑うような事件が相次ぐ中、久々に「我もかくありたし!!」と思わせてくれ、やっぱり実店舗はいいなぁ、と再認識させてくれたのです。

 多少持ち歩きの時間がかかるとしても、これから本を買うときは、可能な限りこちらでお願いすることになりそうです。私たちは、このお店のことが、大好きになってしまったのでした。

|

« ご連絡 | トップページ | バナナとサンドイッチ »

コメント

気持ちの良いお話ですね〜。
どうせなら本を愛するお店で買い物したいですものね。
私も近かったらファンになっちゃいますよ、きっと。
どんどん便利に発達する世の中だけど、こういうお店はぜひ昔ながらの書店としてきちんと残っていてほしいです。

投稿: らーらこ | 2007年3月31日 午後 05時22分

メンテナンスやら何やらでご返事が遅くなりました、ごめんなさい。
そうなんですよー、今でもこんな気持ちのいい商売をしてくれるお店があるのを知って、本当にうれしくなっちゃいました。
本は、どこで買っても基本的に値段が同じなので、
どこで買うかと考えたら、気持ちのよさか便利さかですよね。
今後、普通に手に入る本や、多少待っても取り寄せてもらえる本は、
こちらでお願いすることになると思います。
少しだけでも応援しないとですから。

投稿: cue | 2007年4月 5日 午前 11時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37357/14455409

この記事へのトラックバック一覧です: netショップと実店舗:

« ご連絡 | トップページ | バナナとサンドイッチ »