« 小さな針仕事 | トップページ | 朝風呂に入る »

2007年3月13日

メモリアルコースター

 小さな針仕事に勢いがついて、先日はコットンの生地でコースターを作りました。
作り方はいたって簡単、です。
Nuno1Nuno2

 四角く切った布を2枚中表に合わせたら、開け口を残してぐるりをちくちく縫います。
ひっくり返して周りをステッチで押さえ、更に中にも適当にステッチを入れて出来上がり。
縫い目の不揃いなんて気にしない、そのほうが味があっていい感じです。

 そもそもこれを作ろうと思い立ったのは、
ダーリンがティッシュをコースター代わりにしていたからです。
うちには、コルクのものと、コットンの糸で編んだ鉤針編みのコースターがありますが、
実はどちらも水の吸いが余りよくありません。
これでは、グラスの外側につく水滴を処理することは出来ませんね。

 そこで、吸水性の高い素材でコースターを作ろうと考えたんです。
要するに、小さなふきんの役目も果たす、布のコースターですね。
選んだ素材は、襟や袖が擦り切れてもう着なくなったコットンのシャツ、
何かにリフォームしようと取ってあった中から、適当に引っ張り出してきました。

 それこそ、擦り切れるまで着たものですから、何度も水をくぐっていて吸水性は抜群。
もちろん、お客様に使ったりするには気が引けますが、
私とダーリンしか使う人はいませんので問題ありません。

 何より、捨てるはずだったものが使える形に再生したのが嬉しいですね。
毎日使って汚れたらそのまま洗濯機にポンで、上がったら引っ張って形を整えて干すだけです。
結構気に入っていたシャツなので、捨てるに忍びなく何となく取ってあったのですが、
おかげで場所をとらずに手元に残すことが出来ます。
ふきん兼用コースターは、メモリアルコースターでもあるのです。

近々、レシピ別館で作り方をUPします。

|

« 小さな針仕事 | トップページ | 朝風呂に入る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37357/14246376

この記事へのトラックバック一覧です: メモリアルコースター:

« 小さな針仕事 | トップページ | 朝風呂に入る »