« Nancy落ちました | トップページ | Sallie枯れました »

2007年8月23日

これなーんだ

結構気に入って使っている、変なものを2つ紹介します。何だかわかります?
0708nanda


答えはこちら↓

まず左は、ナスです。材質は銅板で、漬物の中に入れるとナスなどが色よく漬かります、というもの。ウチではこれを、ステンレスの鍋で茹でものをするときに使います。

まずお湯を沸かすときに、このナスを水のうちから入れておきます。すると、若干ですが突沸が防げるようです。ウチで主に使う鍋は、表面がステンレスの多層鍋で、まだ表面が綺麗なため、普通に水だけを入れて沸かすとけっこう突沸するので。加えて銅イオンの作用で、少しは味が良くなるかな? と思いまして。

そして右は、竹串を加工して作ったものです。何に使うかというと、この、お気に入りのハロッズのティーポットです。
0708pot


ぼってりと無骨な形が気に入っていますが、難点がひとつ。注ぎ口の根元部分の内側に、きわめて中途半端な茶漉し(?)が付いているんです。こんな大きな穴が4つほど開いていて、長く使っているとここに茶渋が溜まります。そしてある日何かの弾みで、ペローっと剥がれて出てくるんです。

これを何とか洗いたいなと思ったんですが、微妙なカーブが邪魔をして上手く洗えません。漂白剤は使いたくないし、小さなブラシでも買ってこないとダメかなー、と諦めかけたとき、引き出しに竹串があったのを見つけました。これをガスの炎で炙って曲げたら、届くものが作れるんじゃないかな?

てな感じで作ったんです。この微妙なカーブがポイントで、ポットの口と茶漉し側の穴の両方からこれを突っ込んでこちょこちょごしごしすれば、細かい部分までいい具合に茶渋が取れてくれます。我ながらなかなか気に入っている、変なものです。

|

« Nancy落ちました | トップページ | Sallie枯れました »

コメント

ナスはサムネで見るとアクセサリーみたいです。
色がオパールに似てませんか。
竹串にアクリル毛糸を巻きつけるとかどうだろ…
あ、でも、竹の硬さがいいのかな?

投稿: | 2007年8月23日 午後 07時25分

こんにちは。お久し振りです。
cueさんはほんと色々工夫をされてますね。
私なら、ばーっと漂白剤つけてハイお終い、です(^^;
竹串を使われたのは良い目の付け所でしたね~。
昔は竹の先をほぐしたものを歯ブラシとして使って
いたそうです。(発想飛びすぎ?)

ナスは私も花さん同様アクセサリーかと思いました(^^)

投稿: ポージィ | 2007年8月24日 午前 11時09分

コメントありがとうございます♪

>>花さん
ナス、確かにそんな色に見えますね。
チャームにするにはチトでかすぎるようです。
竹串にアクリル毛糸は、実はやってみました。
でも、毛糸を竹串が突き破っちゃったり、
そうならないようにしっかり巻いたら細かいところに届かなかったりで、
イマイチだったんですよ。
むしろ、竹串の先っちょだけのほうが、案外綺麗になるもので、
なんだこれでいいんじゃん、となったのでした。

>>ポージィさん
お久しぶりです。
そうなんですよ、竹串でつんつん洗っているうちに、
先のほうがいいぐあいにぼそぼそにほぐれてきて、
ちょうど浮世絵に出てくる「ふさようじ」みたいになったんです!
昔々の、夏休みの工作なんかが出ている本に、
竹ひごをろうそくの火で炙りながら曲げるのが出てたのを思い出して、
やってみたら、面白いくらいに曲がりましたですよ。

投稿: cue | 2007年8月25日 午前 05時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37357/16208821

この記事へのトラックバック一覧です: これなーんだ:

« Nancy落ちました | トップページ | Sallie枯れました »