« サギソウが出てきた | トップページ | 薄紫→加藤桜ちゃん »

2008年5月17日

単位で比較する

同じ中身でたくさん入っているものを『お徳用サイズ』なんて呼んだりします。でも本当に、パッケージが大きくなるほどお得になっているかというと、案外そうでないこともあるって、気付いてました?

080516_mayo

たとえば、私が好きでよく買う紅茶のティーバッグ、イエローラベルの三角バッグのお話。濃く出て美味しい上にうまくいくとかなり安く買えるので、普段使いにはうってつけです。たいてい店頭には25個入りと50個入りが並んでいます。
ところがこれが、気をつけてよく見ていないと、25個入りのほうが50個入りよりも割安になっていることが時々あるんです。まー、いろいろ思惑とか戦略とか大人の事情があるんでしょうけど、不思議ですね。

また、最近頻繁に見かけるようになった、インスタントコーヒーのガラスの瓶に入っていない詰め替え用の商品も然り。普通に考えたら、単純に容器代と輸送コストなどの分だけ詰め替え用のほうが安いように思うんですけど、冷静に計算してみたら実は瓶入りのほうが割安だったり。
まあ、排出されるごみの嵩は圧倒的に減りますけどね、なんか納得いきません。

もっと不思議なものがあります。その一例として、マヨラー御用達私の大好きなキユーピーマヨネーズで考えてみました。お弁当用のようなミニパッケージは別として、なんとなく容量が大きくなるほど割安のようなイメージがありますが、実際のところはどうなのか。一般的なサイズを3本並べてチェックしてみましょう。

350g → ¥198 ※¥0.566
500g → ¥248 ※¥0.496
700g → ¥448 ※¥0.64

※は、それぞれの1gあたりの値段を出したものです。なんと、3本の中では真ん中サイズの500gがもっとも割安という結果が出ました。ちょっと意外でした。

今週のお得:キユーピーマヨネーズは、500g入りを買うと、700g入りで買うより約3割お得。(今日のところは)

初出:Seesaaブログ「得するブログ こつこつ。」

|

« サギソウが出てきた | トップページ | 薄紫→加藤桜ちゃん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37357/46456440

この記事へのトラックバック一覧です: 単位で比較する:

« サギソウが出てきた | トップページ | 薄紫→加藤桜ちゃん »