« あけましておめでとうございます | トップページ | ネットショッピングをやってみた »

2009年1月12日

携帯サーモマグ

 2009年の頭に、新カテゴリー「やって・やめて・かえて・良かった」を作りました。その第1回は、最近持ち歩いている携帯サーモマグのお話です。
090111magu1

 たまにスタバやタリーズといったコーヒー屋さんを利用します。値段とモノと接客と居心地の良さを総合的に考えると、席さえ空いていれば一番好きな場所です。
 この手のお店には、マイタンブラーというモノがあって、まあ要するに自前の器を持っていけば、ちょっとだけ割り引きしてもらえるんですね。お店で売っているものもありますが、私は樹脂製の器がどうにも苦手で、特に熱いものをいれることに抵抗があるんです。

 話は変わりますが、自宅でほぼ毎日使っている調理器具に、シャトルシェフという保温調理鍋があります。これを作っているメーカーがサーモスというところで、ステンレスの真空保温ポットも出しています。そのひとつに、このコーヒー店のタンブラーのような、直飲みできる縦型水筒タイプのものがあるんです。以前から、いいな欲しいなと思っていたものを、次のような計算の上、昨年購入しました。

 まず、スタバやタリーズを利用するときにこれを持参すれば、1回につきスタバで20円、タリーズで30円の割引が受けられます。省資源に協力できて地球に優しい上に、ちょっと使い慣れてるっぽくていい気分になれます。
 それに加え、私はほぼ毎月JRに乗って実家のぱぱりんのところに遊びに行っているのですが、車中で飲むためにペットボトルの水物を必ず買うんですけど、それもこの自前マグがあれば節約できます。この両方を足したら、おそらく1年以内に元が取れる、という計算になりましたので、晴れて購入にいたりました。ヨドバシのポイントも使ったので、実際に払った金額は定価よりかなり安いです。netのショップでは、更にお得なところもあるようですね。

 いいところがたくさんのこの携帯マグ、問題があるとすれば、手ぶらに比べればかさばって重いのと、蓋の閉め方が雑だと倒れたら漏れることくらいです。まあ、どちらもちょっと気を付ければ全く問題にはなりません。
 そのくらいこれは使い応えのあるものなんです。何せ、ステンレスの真空ポットなので、多少落としたりぶつけたりしても平気ですし、保温性能もバッチリ。朝入れた氷は夜まで残っていますし、沸騰したお湯で紅茶など入れてすぐ蓋をすると、熱すぎていつまでも飲めないくらいです。

 いつもペットボトルを持ち歩いている方なら、案外重宝するのでは。家に帰ったら蓋を外して麦茶ポットを洗うような柄の長いブラシで洗い、乾かしておきます。そのうち中に茶渋がついたら、酸素系漂白剤でも入れればまた元に戻るでしょう。これは良い買い物をした、と自負しております。
090111magu2

 最後に、日々この携帯マグを使っていて見つけたワンポイントアドバイスを。蓋の飲み口部分には、点字で印がついています。これがまっすぐにくるように持つと、飲み口の中のしきり部分が+型になります。これをずらして×型の状態にして飲むと、マグを傾けてから戻すときに、中で液体がチャプン、と動いて、顔に“お釣り”がくることがあります。何のためについてる点字かな? とずっと疑問だったんですが、実際自分でやってみて、なるほどと思いました。携帯サーモマグ、スタバに行く人にもいかない人にも、おすすめです。
詳しい情報はこちらにもあります→《旦那と嫁のオススメ》

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | ネットショッピングをやってみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37357/43712941

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯サーモマグ:

« あけましておめでとうございます | トップページ | ネットショッピングをやってみた »