« ネットショッピングをやってみた | トップページ | モロッコインゲン蒔きました »

2009年6月 4日

バスタオルをやめてフェイスタオルにする

 お風呂上がりに体を拭くバスタオル、どのくらいの頻度で洗濯しますか? 毎回使う度に洗濯できればいいんでしょうが、ホテルじゃあるまいし。うちには専業主婦はいないので洗濯にかけられる手間も限られています。干す場所もそんなにないし、梅雨のない北国でも、この問題は結構切実なので、じゃあ、2回? 3回? なんて言ってるうちに気がついたらあら、…タオルがクチャイ…。

 どうしたもんかなと考えていたある日、某女性向け巨大掲示板を眺めていて、この問題を解決する糸口を見つけました。バスタオルをやめればいいんです。

 じゃあ、何で体を拭くのか? 答えはフェイスタオルなのです。

 モノは何でもOK、商店の名前が入っているようなものでも、スーパーのワゴンで3枚4百円で売られてるようなものでも。そういうタオルの方がむしろ良く水を吸うし、地が厚すぎない方が早く乾くので好都合です。また、濃い色でプリントしてあるようなものや、別珍のような手触りのカットパイルのタオルは、かえって吸水性が悪く、使い心地が良くありません。

 そんな素性のフェイスタオルを家中からかき集めてきて、一度洗濯して乾かし、4つに畳んで積み重ねます。定位置はユーティリティの棚の一番上にしました。お風呂上がりにここから1枚ずつとって体や髪を拭き、当然べしゃべしゃになりますから、それは即目の前でふたを開けている洗濯機にポン。慣れてくると、3枚もあれば全身から髪まで拭けるようになるものです。旦那は今、頭をバリカンで刈っているので、結構背が高い人ですけど2枚で楽勝です。

 朝の洗顔の時も、ここから1枚とって顔を拭き、これはほとんど汚れても濡れてもいませんので、洗濯機に入れる前に洗面台の鏡やボウルのまわりや蛇口なんかをチャチャッと拭いてから、洗濯機に入れます。こうしてこまめに毎日1~2回拭くようになって、洗面台にピンクのカビが生えなくなりました。(もちろん最初に汚い部分は洗い落としてから始めましたですよ)

 ピンクのカビが生えなくなると、あの、カルシウム汚れも少なくなってきます。何でこんなところに白くて堅い汚れができるのか不思議でしたが、どうもあのぬるぬるのカビがカルシウムを作るらしいですね。だからカビが生えなければ、白い汚れもできない、と。ああなっちゃったら落とすのに一苦労ですけど、そうなる前にざっとでも毎日拭くだけで、きれいな状態を簡単にキープできています。

 バスタオルサイズだと干す場所を選びますが、フェイスタオルなら心配いりませんね。毎日洗いたてのカラッと乾いたタオルで、気持ちよく過ごしています。

※関連全ブログの最新情報はこちら→《シンプルに暮らそうTOP》

|

« ネットショッピングをやってみた | トップページ | モロッコインゲン蒔きました »

コメント

はじめまして。
クックパッドのビワの種酒のレシピからこちらへたどり着いた者です。
ふだんから分かってはいるけど…考えてはいるけど…と思いつつ手が出せずに楽を選んでしまう私がこちらの記事を読んで「もうちょっとだけ手間をかけた生活をしてみようかな」と思いました。
少しずつ過去の記事も読ませていただきたいと思います。
ストレスの多い日常ですがシンプルで気持ち良い生活がしていきたいです(*^-^*)

投稿: しぃね | 2009年6月12日 午前 12時36分

>>しぃねさん
ようこそいらっしゃいませ。お返事遅れまして申し訳ありませんです。
クックパッドのビワ種酒のところにリンクがあったんですか? 初耳です。
ま、ビワ種酒はものすごくいい香りで、美味しいので、ぜひぜひ作ってみてください。
ストレスだらけの毎日にこそ、シンプルライフはぴったりですよ~。
私のブログで、何か参考になることが一つでもありましたら、うれしいです。
また遊びに来てくださいね。^^

投稿: cue | 2009年7月19日 午前 04時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37357/45228038

この記事へのトラックバック一覧です: バスタオルをやめてフェイスタオルにする:

« ネットショッピングをやってみた | トップページ | モロッコインゲン蒔きました »