« モロッコばっつり刈っちゃいました | トップページ | 小かぶ出てきました »

2010年8月30日

隔離して小かぶを蒔きました

JUGEMテーマ:趣味

 
先週がっつりハダニにやられた葉を刈り取っちゃったモロッコ第1弾ですが、思いのほか回復が良く、たった1週間でめきめき元気を取り戻し、新しい葉まで出てきています。
なので手仕舞いにするのはやめて、このまま継続してしばらく育ててみることにします。
これに気をよくして、あわせてモロッコ第2弾のほうも、悪くなった葉を大々的に撤去してしまいました。
これでまた、モロッコインゲンが収穫できそうです。



ですがココで計算違いが一つ。
本当は手仕舞いにしたモロッコのプランターを使って、この日小かぶを蒔くつもりで居たんですけど、プランターは空かないことになってしまったので入れ物がありません。
仕方がないので、西友までひとっ走り行ってきました。
アー、鉢はもう増やさないつもりだったのにー。



てなわけで、ハダニのひどいモロッコたちはベランダの奥のほうに固め、間にミントを挟んで、さらに少し間を空けて、小かぶを蒔きました。
上手く行くと2週間くらいで間引き菜が食べられるそうです。
嬉しいですねー、株の葉っぱはおいしいもんね。
何とか、虫に食われる前に、自分たちで食べられたらいいなと思います。



ちなみにミントは、キャットニップとペパーミントがありますが、これはどちらも観賞用である、と頭を切り替えました。
というのも、ペパーミントが、思ったほど味がしないんですよ。
毎年根が生き残って越冬しているキャットニップも、年を重ねるにつれだんだん味が薄くなっているようで、猫に与えても昔ほど酔っ払わなくなっちゃいました。
かといって、処分してしまうのはもったいないので、味のことは気にせず目で見て楽しむ事にしたんです。
これで大分気楽になりました。
この人たちは、毎年春先にいち早く芽を出して、殺風景なベランダに春を呼び込んでくれるのです。

|

« モロッコばっつり刈っちゃいました | トップページ | 小かぶ出てきました »