2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月28日

グリルで焼くもの

 うちのガスは都市ガスです。昨年天然ガス型に転換しよりパワーが強くなりました。
ストーブもお風呂も、調理に使うガス台も、とても馬力があり、しかも安いのです。
 ガス台に上火だけの魚焼きグリルが付いていますが、これが何かと便利。
魚を焼くのはせいぜい週に1回あるかないかですが、それ以外のものも焼いています。
下の受け皿に、水ではなく魚石を入れているので、遠赤外線効果もあるかも。
 まずは野菜。フライパンで焼くとどうしても油が必要ですが、
グリルで焼けば油は不要。ナスや葱、ししとうなど何でも、甘味が増しとても美味。
 強引に、手作りピザを作ったこともあります。まず薄くした生地を両面焼き、
一度出してから具とチーズを載せてもう一度焼いて完成。オーブンより早いです。
 しょっちゅう焼いているのが、トーストです。ものの2分30秒で焼けます。
いつも買うのは、添加物一切無しの市内に何軒か店舗のある美味しいパン屋さん。
近所のスーパーにも店があり、そこの6枚切り角食を買ってすぐ冷凍保存しています。
 それを小腹のすいた時や甘い物の食べたい時、週末の朝食などに食べています。
冷凍庫から出してすぐグリルに並べ、まず強火で1分30秒、裏返したら弱火で1分。
これで中までふっくら焦げ目も程よく、電気トースターより早くて美味しく焼けます。

2005年1月18日

鏡開き

 例年お正月でもあえて何もしないことにしていますが、今年は鏡餅を飾りました。
いつも取っている無農薬有機野菜の宅配で扱っていた、ちょっとこだわりのものです。
一番小さなサイズのものに金柑を載せて。かわいらしいお飾りになりました。
 よく見る真空パックではなく裸なので、カビが出るかと思いましたが、
室内が乾燥しているため全く生えず。あっという間に乾燥しひびだらけになりました。
 そして1月11日夜。ダーリンと一緒に鏡開きをしました。
といっても、テーブルに紙を広げて、ひびひびの鏡餅を素手で砕いただけです。
 さて、このお餅をどうするか。お汁粉やお雑煮もいいですが、
今年はそのままもう少し乾燥させてから、油で揚げておかきにしました。
 揚げたのは週末の日曜日。多目の油を熱して乾燥した餅を入れると、
見る見る膨らんで白い花のようにしゅわしゅわと開いていきます。
油を切って冷まし沖縄の塩をパラリ…それだけなのにサクサクとした食感が最高です。
 実はもうひとつだけ、今年はお正月らしいことをしました。御屠蘇です。
同じ宅配で本物のみりんを買い、一緒についてきた屠蘇散を一晩漬けて出来上がり。
甘くてとてもいい香りがしました。何となく、今年はいい年になりそうな気がします。

かきもちの作り方はこちら

2005年1月14日

お風呂の温度

 1日の疲れを取り体を温めリラックスするお風呂は、とても気持ちのいいものです。
あまりに疲れすぎると面倒になり、そのまま寝ちゃえー、なんて時もありますが、
湯船につかりひと汗かくと、やっぱり入ってよかったなーとしみじみ思います。
 うちのお風呂は、都市ガスの瞬間湯沸し器から蛇口で入れるタイプなので、
目盛りがいくつで何分かかるかが、外気温や風で、とても左右されます。
 体の冷えている寒い日などは、熱いお湯のほうが効きそうな気がしますが、
それでは体の芯まで温まらないばかりか、逆に心臓や血管に大きな負担になるとか。
 数年前、ぬるめのお湯に出入りして代謝を促す低温反復浴にハマったことがあり、
その時買った湯温計で計ってみたら、最近の湯温は高すぎた事が判明しました。
ぬるめが38度から40度、熱めでも40度から42度で十分、だったようです。
 いつものように、まずシャワーで頭から足まで、汚れを落としついでに温め、
湯船につかる前に入浴剤を入れ、湯温を42度に調節してから入ります。
 ちょっとぬるいかな? と感じる時もありますが、頭や体を洗いながら、
出たり入ったりしているうちに結構汗もかき、上がった後もしばらく体がぽかぽか。
 入浴中も上がった後も体が辛くなることはなく、やはり理にかなっているようです。

2005年1月11日

自動給餌機

 比較的早くから休みが確定する年末年始は、たいてい一緒に旅行をしています。
しかし昨年は、先代の猫が亡くなり2代目はまだ子猫だったため、どこにも行けず。
その分今年は、早くから計画を立て、暮れに久しぶりの旅行をしてきました。
 問題は猫の留守番です。うちは2~3泊までなら猫に家にいてもらいます。
かつて先代をペットホテルに預けたら、ストレスにやられて帰ってきたのが不憫で、
諸説あるでしょうが、事前に良く言い聞かせて、家にいてもらうことにしています。
 今住んでいる賃貸マンションは、真冬でも10度以下に室温が下がらないので安心。
水はお風呂や洗面台で細く出しておけばOK、2~3日ならトイレも大丈夫です。
 問題はご飯です。先代は日数分のドライフードを出しておけば良かったのですが、
2代目のアビぼうずは、あればあるだけ食べてしまうんです。
 そこで、自動給餌機を買うことにしました。PC端末や電話の子機扱いで、
出先から声を聞いたり様子を見たり出来るような物までありましたが、
うちで買ったのは、ドライフード専用で日に6回まで重量とタイマーが設定出来る物。
2万数千円とちょっと値は張りましたが、使い勝手はバッチリです。
 数度テストをしたらぼうずもすぐ慣れてくれ、無事に留守番も出来ました。

2005年1月 7日

綿のももひき

 特別な寒がりではないのですが、努めて体を冷やさないよう気をつけています。
殆どパンツスタイルで、その中は下着だけでなく夏でもスパッツ等をはいています。
秋口はストッキングで、冬は温かい素材のタイツ、これだけでかなりぽかぽか。
 でもこれらは全て化学繊維。それの起こす静電気が実は皮膚乾燥の原因なのです。
いくらオイルやクリームを塗ってもかさかさするすねやかかとは、そのせいかも。
かといって純毛のタイツでは、痒くなるしアウターに響きすぎますね。
 一方付き合い始めた頃のダーリンは、寒い寒いと言いつつズボンの中は素足でした。
そこで半ば強引に、ももひきを買ってはいてもらったのです。
 かっこ悪いのは抵抗があるかと思い、タイツ風のものも見せたのですが、
ちくちくするのは嫌とのことで、昔ながらの綿100%の白いももひきを購入。
白いTシャツと同じ素材で、膝丈のステテコ型と、足首までの2タイプです。
 すべりが良くないのでつっぱるため、長い方は本当に寒くならないとはきませんが、
かなり温かいと気に入ってくれました。どちらも着物を着るときの下着にも使います。
 試しにこれを私もはいてみたのですが、何だか肌の乾燥具合が違う気がします。
ダーリンの物なので前が2重でお腹も温か。人前では脱げませんが、お気に入りです

2005年1月 4日

一年の計を立てる

 1年を通し、事前にわかるまとまった休みが確実に取れるのがこの頃しかないので、
年末年始は、2人で旅行をしていることがわりと多いです。
留守番は猫に任せて、しばし日常の雑事を忘れ、浮世の垢を流します。
 2人とも余り体力がなく欲張ってイベントを盛り込みすぎるとこなしきれないため、
スケジュールはかなりゆったり。足りなかったらもう一度来ればいいんです。
 当然、移動を含めてたっぷりある時間を使って、2人で一年の計を立てています。
壮大な計画から、自分にしかわからないような小さなことまで、内容は様々。
旅行の荷物に、小さなノートとペンを入れ、今年やりたいことや目標とすること、
変えたいことや始めたいことなどを、思いつくままに書き連ねます。
 あまり深刻な話はしませんが、ちょっと2人で話し合って決めたい件などを、
持っていくこともあります。場所が変わるだけでスッと答えが出たりするものです。
 過去のページをめくって、ああこの頃はこんなことを考えていたんだ、とか、
これは出来た出来なかった、良かった悪かった、と反省をしたりもします。
 そしてそれを持ち帰り、時々開いてみたり、紙に書いて壁に貼るなどして、
新しい年1年間の、日々の暮らしの方向付けに、何となく使っているのです。

2005年1月 1日

謹賀新年

nenga05
あけましておめでとうございます。
今年もマイペースで楽しみながらUPしていこうと思いますので、
気長にお付き合いいただけると、とても嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »