2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月25日

中国茶を楽しむ

 縁あって上海に行く機会に恵まれ、また中国茶器を買ってきました。
蓋碗と呼ばれる、薄い磁器で出来たもので、茶托と茶碗と蓋がセットになっており、
この中に茶葉を入れて湯を注ぎ、直接飲んだり、急須のように使ったりもします。
 桃とざくろの柄を選んだのですが、手書きされた絵がとても綺麗。
数年前に台湾で買った朱泥の急須セットに続く、中国茶器コレクションです。
 早速家で、台湾青茶の文山包種を淹れて楽しみました。
このお茶、私たちの一番のお気に入り。本当に蘭の花のような香りなんですよ。
 まず蓋碗をあたため、そこに茶葉を入れて沸騰した湯を注ぎ、蓋をします。
沸騰したやかんの湯は、熱いうちにステンレスのポットに入れ、おかわり用に準備。
 このポットがなかなか便利モノ。保温性はかなり高くデザインもシンプルなので、
戸外だけでなく、紅茶を楽しむ時のホットウォータージャグ代わりにも使っています。
 頃合いを見計らい、まだ熱いので茶托ごと持って、蓋で茶葉を押さえつつひと口。
常備しているナッツとドライフルーツをつまみ、ポットのお湯を足して2~3杯。
1杯目は香り、2杯目は味、3杯目は茶葉を見て楽しむのだそうです。
 急須も要らず手軽に飲めるなかなか優れもの、かなり活躍しています。

関連記事:お茶道楽

2005年2月22日

二代目がうちに来た時

 一昨年の5月、先代ぼうずが突然亡くなった後、ダーリンと2人で話し合い、
とても辛くてものすごく悲しいけど、やはり次の猫を迎えることにしました。
 ある程度性格や性質を予測できるため、ショップの子を選ぶことに。
事前に調べ、短毛種で鳴き声が小さいという、アビシニアンかロシアンブルーが、
いいねと意見は一致しましたが、買えるかどうかは時の運です。
 決行日を、連れて来てからしばらく一緒に居られるお盆休みの初日とし、
事前に決めたショップにその日いる、短毛種の雄を飼おうと。それも出会いです。
 当日。金魚鉢のようなケースの中に、寂しそうに寝ている3ヶ月のアビが居ました。
抱かせてくださいと頼むと、片手で持てるくらい軽く小さな体で、
お腹の毛はぱやぱや。小さな爪で私に張り付くや否や、耳たぶを吸われました。
 猫と一緒にケースに入っていた、この子の猫砂とタオルを分けてもらって、家へ。
3DKの中にすぐ放し、好きなだけ走り回らせたら、下痢をしてしまいましたね。
 分けてもらった砂を入れたせいか、トイレは一発で覚えてくれました。
この猫トイレ、最初は居間に置き、一度使うたびに少しずつ動かしていって、
最終的に人間のトイレの中へ入れました。この日から彼は、ぼうずと呼ばれています。

2005年2月18日

通信環境を変える

 昨年まで、うちのインターネット接続はモデムでダイヤルアップでした。
特別重いデータをやり取りすることもなく、さほど不便は感じませんでしたが、
プロバイダのアクセスポイントが統廃合され、ほぼ同時期に私がブログを始めたため、
一気に電話料金が倍に…。しかもうちはADSLは引けない場所なんです。
 光は高価すぎてとても引けない。そこで、ケーブルテレビにしてみました。
住んでいる賃貸には元々CATVがついています。電話をしたのが昨年11月末で、
すぐにセールスの方が説明に来てくれ、次の日に簡単な工事が入り、完了です。
 …早い! 伸ばしたゴムひもがパチンと戻るように、画面がぱっと開きます。
写真や動画など重めのデータがあるサイトも、驚くほどサクサクと表示されます。
 しかもCATVのネットはつなぎ放題なので、時間の心配がいりません。
私とダーリン2台同時でも使えるので、今までと違う使い方の可能性も出てきました。
 NTTは、この1月から料金改正になったため単純に比較は出来ませんが、
差額とCATVの料金でほぼトントン。ちなみに電気料金は殆ど変わっていません。
 でもノーストレスでつながる接続と、そこから得ることの出来る圧倒的な情報量、
そして、おかげで少し変わった私たちの環境…。お金だけではない大きな収穫でした。

2005年2月15日

トマト味のスープ

 いつも取っている無農薬有機栽培野菜の宅配が、毎週水曜日にやってきます。
何が来るのかとても楽しみですが、普通に仕事の日ですし、残業のこともあります。
かなりダーリンも手伝ってくれるのですが、土付き野菜の下処理は大変です。
 根菜類は全て洗って乾かしてから、冷蔵庫か紙袋に入れて冷暗所へ。
青菜類は、鮮度や虫食い具合を見て、週末まで置けそうなものはそのまま保存し、
ちょっと厳しそうなものは、すぐに悪いところをよけて調理してしまいます。
 最近見つけた簡単レシピは、トマト味がベースの野菜スープです。
野菜をゴロゴロと大きく切ったら、トマト味の洋風おでんといった感じで、
全て1cm角くらいにして柔らかく煮れば、ミネストローネ風になります。
 忙しくて料理が出来そうにない週は、全てを刻んで大鍋で大量に煮込むときも。
薄味に作って食べる前に1日1回火を通し、味が足りなかったら皿で足して。
パスタソースやカレーなど、いろんな料理への繰り回しも簡単です。
 減ってきたら、食べきってしまってもいいですが、温めるときに新しい野菜を加え、
トマトの水煮を追加すれば、永久になくならず味も熟成していきます。
 たっぷりの野菜が手軽に取れるエンドレストマトスープ、最近のお気に入りです。

エンドレスミネストローネの作り方はこちら

2005年2月11日

月に一度の精算日

 結婚前から数えると、ダーリンと一緒に暮らし始めて10年になります。
先のことなどわかりませんし、万一のときつまらないことで揉めるのが嫌だったので、
一番最初にいくつか決め事を作りました。そのひとつが、お金のことです。
 子供を持つ予定も大きな遺産もない。すなわち死ぬまで自力で食うしかない私たち。
2人の収入を合わせ、貯蓄もしながら、日々のお金の使い方を、工夫してきました。
 まず家計簿はつけません。専業主婦なら生活の記録になりますけど、兼業では無理。
実は、一緒に暮らし始めた最初半年だけ、家計簿ソフトで頑張ってつけ、
それを元に、何にいくらかかるか全ての平均を出し、予算の割り振りをしたのです。
 そして、光熱費等の引き落とし分、食費他生活費、交通費、被服費、本代、医療費、
家賃、休日用の娯楽費、保険・貯蓄分などと項目分の瓶を用意して分けたお金を入れ、
その予算内で済ませて、足りなくなっても追加しないことにしたんです。
 刻一刻と状況も変わりますし、常に足りなくなったり余ったりする部分があるなら、
時々見直しをかけることにして、細かい計算をするのはやめました。
 家の中数箇所に置いてあるこの瓶を、給料日後の週末に集めて精算をします。
楽チンかつ明朗なこの方法、2人の間でひそかに、愛の精算日と呼んでいます。

2005年2月 8日

ラベンダーとティートゥリー

 そもそも私がアロマセラピーに興味を持ったきっかけは、ティートゥリーでした。
スースーして苦くて、薬くさいような独特な香り。好き嫌いが分かれるでしょう。
 ものすごく強い殺菌消毒効果があり、その強さは化学薬品の上を行くほど。
古くからオーストラリアでは、民間から医療の現場まで、広く使われています。
 ラベンダーは、北海道の観光名所にもなっているほど有名なハーブでしょう。
割と万人受けする花の香りで、安眠効果があるのは有名な話ですね。
女性にとっては、男性をイメージさせる香りだ、とも聞いたことがあります
 この2つには、いくつか共通点があります。まず、比較的値段が安いこと。
そして、いずれも当たりが穏やかなため、原液のまま使用可とされていることです。
 もちろん、好き嫌いはありますし、子供や妊娠中などは用心が必要ですが、
アロマを暮らしに取り入れるための入門編に、うってつけの2本だと思います。
 うちでは、他のオイルは引き出しに仕舞っていますが、この2本は出しっぱなし。
化粧水マッサージオイルなどにもメインでブレンドしますし、
魚を焼いたり煮込み料理をした後で、アロマランプで室内に香らせたり、
洗い立てのバスタオルをたたむ時直接つけたりして、かなりの頻度で活用しています。

2005年2月 4日

玄米おにぎり弁当

 その後多少状況は変わりましたが、相変わらずお弁当は玄米のおにぎりのみです。
芯で最近多いのは、大根やかぶの葉の塩漬けと、焼いてほぐした新巻鮭です。
 大根やかぶの葉は、枯れたり虫がついたりしているところだけを除いてよく洗い、
5mm程度に刻んでからきつめの塩をして良く揉み、ぎゅっと絞った物を、
作ってから2~3日の新しい間だけ、おにぎりに入れています。
本当はこれ、マヨネーズで和えて温かいご飯で食べるのが、一番なんですけどね。
 鮭は、最近地元産の新巻が、普通にスーパーで切り身で安く買えるので、
日曜の夜にしっかり焼いてほぐしておき、塩が弱い物は握るとき塩も足します。
 チリやロシアなどの鮭が通年手に入り、脂が乗っていて美味しいのですが、
塩をして寝かせて熟成した新巻鮭の複雑な味には、やはりかなわない気がします。
 年末年始からこちらは、旅行や宴会などでちょっとご馳走を食べ過ぎでした。
いつもは殆ど玄米と野菜しか食べていないものですから、
美食では食物繊維が圧倒的に足りず、毎朝の定期便が滞りがちに…。
でも家のごはんを1日食べただけで、すぐ元の快腸に戻りましたよ。
 一昨年玄米食に切り替えた時、真っ先にそこに現れた効果を、再認識しました。

関連記事:うちの五穀玄米おにぎりの芯その1

2005年2月 1日

毎日の紅茶

 紅茶が好きです。仕事中に大きなマグでがぶがぶ飲むティーバッグも、
週末にちょっと気合を入れてポットを温め、お菓子と一緒に頂くダージリンも、
それぞれに楽しみで、体と心をほっとさせてくれます。
 実は正月開けに、ダーリンと私の2人揃って風邪を引いてしまいました。
風邪を治すには、保温と休息、栄養と水分の補給が何より大切ですね。
 さすがに薬を飲む時は控えますが、それ以外のときは、やはり紅茶の出番です。
朝茶で頂いている生姜紅茶が効果的、蜂蜜を多めに入れると栄養補給にもなります。
 そして水分補給には、紅茶をごくごく薄く出して、がぶがぶ飲むようにしています。
6人用の大きなティーポットに、ティーバッグを1つだけ入れて蒸らし、
ぬるくなったのをちびちびと、のどを潤すようにしていただきます。
 私は気管支が弱いため、通年ちょっとした事ですぐ咳が出やすいのですが、
そんな時も紅茶を飲めば、たいていのどの痛みも咳も治まってくれます。
紅茶に含まれるタンニンが、軽い消毒や咳止めに働いてくれるようです。
 また、紅茶には利尿効果もあるので、小もたくさん出てくれるのも好都合。
薬を飲んだ後は、なるべく早く体外への排出を促した方が、回復も早い気がします。

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »