2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« グリルのカスタマイズ | トップページ | ウォークインクロゼットその後 »

2006年2月 7日

コットンのラグ

 今年の冬の散財で、リビングに敷いていたラグを買い換えました。
生成りのコットン100%で、パソコンデスクからテーブル、ソファの足元まで、
ほぼ全面に敷き詰められる、大きなサイズのものです。M印で買いました。

 それ以前に使っていたのは、アクリル素材で毛足の長いミンク調の白いものでした。
フローリングを裸足で歩く先代ぼうずが寒くないように、と買ったのですが、
気に入ってもらえず、上でくつろぐどころか避けていました。アビぼうずもそうです。
 ずいぶん使って薄汚れたし、引越しもしたので少し気分を変えようと思ったのです。
あれこれ見た中で、今までのとは違う、インド綿を厚く織ったものにしてみました。
見た目はファー素材の方が温かそうですが、天然素材の肌触りを今回は優先しました。
 結果、一番喜んだのは実はぼうずでした。敷き終わるのを待たずに上に乗ってきて、
コロコロしたりダッシュしたり…。かなりの気に入りっぷりです。
 化繊はどうしても静電気が起き、猫としてはそれがいやだったのかもしれません。
人間も、ラグを換えてから静電気が少なくなり、猫を触ってパチパチ言うこともなく、
フリースの室内履きにごみもつきません。肌の乾燥も軽くなったようです。
 天然素材なので肌触り自体が温かく、風呂上りに裸足で歩いても気持ちが良いです。

« グリルのカスタマイズ | トップページ | ウォークインクロゼットその後 »

コメント

cueさん、こんにちは。(^^)

やっぱり化繊と天然素材の違いは大きいんですね。
(なんたってボウズちゃんのお墨付きですもん♪)
ウチも、毛足の長いものとかいろいろ試してみましたが、最終的に織り芯(基布?)のない、織っただけのものになりました。(毎年クリーニングに出すのも大変だし、自宅で洗えるようにと。)

もっとも、真冬にはキルティングのホットカーペットカバーになるんですけど。(^^;)

以前は静電気が凄かったんですよ、猫を撫でてるとパチパチっと、人間の方が痛いの。
あれって、電位の低い方が痛く感じるんですってね。なんか、猫に負けてると思ったら、少し面白くないかも…。
当地では、ホットカーペットくらいでは足りないので、他の暖房器具と併用しなくてはならず、残念ですが結果的に不経済になっちゃいます。
なのでうちにはないですが、キルティングのホットカーペットカバーも気持ち良さそう。ごろ寝にうってつけですね。

おお~
コットンラグ!羨ましいです。 
ウチでは以前カーペットやらラグを爪とぎ代りにされてしまって・・ ウッドカーペットにしてしまいました(TT) 畳に戻すか、爪とぎを覚悟してループのなるべくなさげなのにするか・・どうなる事やら・・です。 足が天然繊維を求めてるのよ~ って相談しちゃいそうになりました(^^)

うちはずっと賃貸暮らしなので、むしろ、部屋自体にいたずらしないなら、家具やじゅうたんなど自分たちのものなら、いくらバリバリしてもらってもかまわない、と割り切っています。
去年引っ越したときも、本当は捨てるつもりだったソファを、猫が爪とぎに使うからの理由で持ってきました。
多分小さい子供と一緒で、ペットを飼うと多少の部屋の傷みは避けられないと思うんですよ。だから神経質になりすぎないで、やって良いところ、やられて良いところを作ってしまえば、お互い気楽なものですよ。
多少じゅうたんやソファがぼろぼろでも、猫がいる暮らしのしあわせは、十分おつりがきますもの。そしてお客さんがくるときだけ、目隠しすればOKですよ。

なるほど。
確かに

猫のいる生活 プライスレス

カード会社の回し者みたいなこと浮びました。
まだまだ 器がちっちゃいなぁ
お猪口 いや。 お猪口の裏かも(汗)

まー、お猪口の裏だなんて(笑)
ソファだって、猫を口実に持ってきましたけど、
結局あれば使うし座れば楽だし、新しい部屋は思った以上に寒いので、
本当に床に座る暮らしに変えていたら、
寒くて我慢出来ず新しいソファを買っちゃってたかもしれません。
早まったことをしなくて良かったなーと、猫に感謝しています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コットンのラグ:

« グリルのカスタマイズ | トップページ | ウォークインクロゼットその後 »