2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2008年10月 2日

ジュエリーのリフォーム 後編

前編はこちら。

081002_00_2
 模様替えや引越しのたびに目に入る、一応パカッと開ける箱に入ったジュエリー。いくら安物とはいえ、私のところに来たばっかりに、出番もなくごみ同然になっているのがなんともかわいそうで、もったいなくて、何とかならないかなと常々思ってはいたんです。そしてある日、リフォームを思いついたのでした。
 一つ一つは小さいけど、これを全て合わせれば結構なボリュームになるのでは。出来ればそこそこ出番のある、普段使えそうなものにしてもらったらどうだろう。たとえば、これから始めようと考えている着物暮らしのために、ちょっといい根付がひとつあってもいいのでは。そう考えたんです。根付にしておけば、帯からちらんとぶら下がって見せるペンダントみたいな感じに使えそうだと考えたんです。それならチタンの指輪と喧嘩することもないし、多少派手でも平気そうだな、と。(参考記事こことかこことか

続きを読む "ジュエリーのリフォーム 後編" »

2008年9月30日

ジュエリーのリフォーム 前編

 もともと貴金属には興味はないのですが、お付き合いで買ったものを少し持っています。最近は全く着けなくなったけど、安物ばかりでも一応本物なので、ごみにするのも気が引けます。これどうしよう……と長年引っかかっていたものを、思い切ってリフォームしてみました。
081002_00
 入籍した日以来左手の薬指は、チタンのマリッジリングの定位置になり、おかげで、気に入っていたスターリングシルバーのファッションリングなどはつける機会が無くなりました。18金やプラチナの一応本物の色石のリングなども同様です。右手や他の指に着ければとも思いましたが、色がどうにも合わないんです。
 また、ピアスは好きで左に2つ右に1つの穴が開いているんですけど、実はダーリンがピアス大嫌い。なので、そこそこちゃんとしたものから雑貨レベルまでたくさん持っていたピアスは、全てお蔵入りです。根付など他のアクセサリーなどに流用できそうなパーツだけ別にして、その殆どを思い切って処分しました(参考記事こことかこことか)。そして最後に、一応本物のジュエリーが2組だけ残っていたんです。

 その全てを並べてみましょう。自分で買った安物ばかりでスゴイものはひとつもありませんが、振り返ってみるとそれなりの思い出はあるなぁ、と改めて感じました。

続きを読む "ジュエリーのリフォーム 前編" »

2006年7月 4日

着物の下着

※ココログメンテナンスのご連絡※
7月11日から2日間くらいの予定で、ココログにメンテナンスが入ります。その間は、ココログで作られているブログを見ることは出来ますが、新規投稿・コメント・トラックバックのいずれもが出来なくなります。なので、当ブログ7月11日のUPはお休みにします。また、この期間中にコメントを頂けるようでしたらシンプルに暮らそうTOPでお待ちしています。

 最近は、なるべく着物を着て出かけています。まずとにかく着慣れようと思って。
リサイクル品や化繊の気楽なものを、工夫して簡単に普段使いできる方法を模索中です。

続きを読む "着物の下着" »

2006年6月20日

リサイクル店で着物

 二人で暮らしているぱぱりんと猫のたまに会いに、月1回実家に遊びに行っています。
その時のプラスαの楽しみに、決まって寄る、着物も扱うリサイクル店があります。

続きを読む "リサイクル店で着物" »

2005年11月 4日

受け継ぐ着物

 ままりんの遺品整理をしていたら、たくさんの着物が出てきました。
着物を持っているのは、何度か見ていたし、知っていましたが、
見たこともないものが、次から次へと思っていた以上に出てきたんです。

続きを読む "受け継ぐ着物" »

2005年9月20日

とにかく着てみる &ご連絡

ちょっと事情がありまして、しばらく更新の間隔が開いたり、コメントを頂いても返事が遅かったり、パタッと止まったりするかもしれませんが、よろしくお願いいたします。私も、ダーリンも、ぼうずも、みんな元気です。

 雪が解けて足元が良くなったら着物練習を再開しようと思っていた年の初め。
でも、急きょ引っ越しが決まって日々気忙しく、そのうち夏がきてしまいました。
着物っぽく着られる浴衣が欲しかったけど、ピンと来るものがなく今年も買えず終い。

続きを読む "とにかく着てみる &ご連絡" »

2005年9月 9日

髪形を変える

 私の髪は、硬くて直毛で生え癖があり、かなり明るい色をしています。
長い人生で、刈り上げテクノカットから腰に届くソバージュまでいろいろしましたが、
元の色が気に入っているので、染めたり脱色したりはしたことがありません。
 ダーリンは、クルクルした癖毛で色は真っ黒で白髪アリ。
ずっと前髪を下ろした一般的な短いスタイルにしていましたが、
昨年から伸ばし始め、もう少しで一つに縛れそう。ちなみにひげも伸ばしています。
 ビジネススーツを着るような仕事ではないので影響はありませんし、
ラフなスーツや私服はもちろん、たまに着物を着ても似合うのがいいです。
 現在の私は、あごの長さでぱつっと揃え、前髪を作ったストレートボブです。
仕事はパンツスタイルの私服で、たまにスーツも着ますが、どちらでも違和感ないし、
何よりも、着物の時に特別セットをしなくても、そこそこカッコが付くので。
 ケアも、シャンプーした後に毛先にホホバオイルをつけて普通に乾かすだけで、
特別な整髪料もセットも不要。ひと月半くらいに一度カットに行くだけの手軽さです。
ダーリンに至っては、昨年から床屋さんにも行っていません。
 「好き」を極めて選んだ髪型ですが、結果的に物も時間も大幅な節約になりました。

2005年1月 7日

綿のももひき

 特別な寒がりではないのですが、努めて体を冷やさないよう気をつけています。
殆どパンツスタイルで、その中は下着だけでなく夏でもスパッツ等をはいています。
秋口はストッキングで、冬は温かい素材のタイツ、これだけでかなりぽかぽか。
 でもこれらは全て化学繊維。それの起こす静電気が実は皮膚乾燥の原因なのです。
いくらオイルやクリームを塗ってもかさかさするすねやかかとは、そのせいかも。
かといって純毛のタイツでは、痒くなるしアウターに響きすぎますね。
 一方付き合い始めた頃のダーリンは、寒い寒いと言いつつズボンの中は素足でした。
そこで半ば強引に、ももひきを買ってはいてもらったのです。
 かっこ悪いのは抵抗があるかと思い、タイツ風のものも見せたのですが、
ちくちくするのは嫌とのことで、昔ながらの綿100%の白いももひきを購入。
白いTシャツと同じ素材で、膝丈のステテコ型と、足首までの2タイプです。
 すべりが良くないのでつっぱるため、長い方は本当に寒くならないとはきませんが、
かなり温かいと気に入ってくれました。どちらも着物を着るときの下着にも使います。
 試しにこれを私もはいてみたのですが、何だか肌の乾燥具合が違う気がします。
ダーリンの物なので前が2重でお腹も温か。人前では脱げませんが、お気に入りです

2004年11月10日

割烹着大活躍

 実際に着物を着て家事をしてみると、洋服と勝手が違う点がいくつも出てきます。
最近はロングスカートが流行っているので、裾(すそ)の長さはさておいても、
大きくて長い袂(たもと)は、料理にしても掃除にしても、やはりかなり邪魔です。
 でも、昔からイイモノがありますね、紐1本で袂を押さえる、たすきです。
練習して、確実に袂をきりりと上げられる方法をマスターしました。
着物を着てたすきをすると、いかにも「主婦してる」って感じがして、好きです。
 だけど、洗い物をしたり火を使うとなると、たすきだけでは心配…。
そこで、割烹着の出番です。簡単に作れそうなので、自分で手作りするつもりですが、
型紙を起こす元にと、ぐるりにフリフリがついた一般的な既製品を買ってきました。
 昔ながらの、法事の風景でよく見かけるような、懐かしい形です。
せっかくなので使ってみると、やはり理にかなったデザインでとても便利。
 トレーナーなど長袖の服で流しに立つと、まくった袖が下がるのが気になりますが、
割烹着を着てしまえば、全く心配なし。胴体部分もしっかりガードできます。
すっぽり着るので若干暑いですが、エプロンのような肩ひものずれも気になりません。
 ダーリン用にも、サイズとデザインの合う物を、早く作ってあげたいと思います。

2004年10月 9日

ポリ単衣と手編み袋物

kimono.jpg
 先日、生まれて初めてNET通販で、ポリエステルの単衣を買いました。
化繊というとまだまだ低く見られるようですが、私には全くこだわりはありません。
それより、気に入って安心してたくさん着られることの方が、私には大切なことです。
 今回買ったのは、自宅で洗濯機で洗えることを売りにしているショップのもので、
値段も手頃かつ背が高く裄の長い私のサイズにいきなりぴったり。かなり嬉しいです。
 買ったらまず、着てみたい。着たらとにかく、出掛けてみたい。
そうやって着慣れることが、着物暮らしを始めるために何より大切なことでしょう。
 しかしひとつだけ、困ったことがありました。着物で持てるかばんが、ないんです。
いつも使っているのは、黒のナイロン製のリュックかウエストバッグ、
もしくはヌメ皮の大きなショルダーバッグ。どれも着物には合いません。
かといって、バリバリ着物用のバッグなんか欲しくないし。
 何かないかな、と捜しに出かけて、シンプルな布のトートバッグを見つけました。
これなら洋服でも着物でも持てそう…でも、これなら作れるなぁ。
 家に帰って物入れを漁ったら、木綿の手編み糸が出てきたので、編んじゃいました。
鉤針編みで実質3日で完成です。木の持ち手を付け、なかなかいい感じに出来ました。

手編みバッグの作り方はこちら

より以前の記事一覧