2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2005年8月23日

引越の総決算

 夏休みで引越作業の残りをしました。お盆前後は平日の休みがあるので助かります。
 GW中に引越したときは、段ボールを引越業者に返さなくてはいけなかったし、
とにかく家の中を普通に暮らせる状態に形を作ることで精一杯だったんです。
仮置きのままの物もあるし、残っている届出関係もあるので、この時を待ってました。
 役所関係など、時間の都合がつきやすかったダーリンが全て済ませてくれたけど、
さすがに自動車の免許証は本人が平日に行かないと出来ないので。預金口座も然り。
 次は、洗濯物を干したり着替えたりで日に何度も入る物置部屋です。
当初の予定と微妙に違ってきた部分もあり、使い勝手の点で今ひとつでした。
ほぼベストと思っていたものの配置も、ちょっと工夫したり入れ替えたりするだけで、
空間が広がって動線がスムーズになり、ウオークインクロゼットらしくなりました。
 最後は、書類等の整理整頓です。手回しのクロスカットシュレッダーを買って、
2つ前のから取ってあった引越関連の契約書等を、今回の物だけ残して処分しました。
 今回の引越に関しては、買ったもののレシートを全て取っておいたのですが、
パソコンの表計算ソフトに、日付、品名、店名、値段だけ入力してから捨てます。
後で項目を付けて集計したり出来るので、次の引越のときの参考にもなると思います。

2005年5月27日

冷蔵庫は小さく

 今回の引っ越しで他に大きな買い物は無かったけど、冷蔵庫を買い換えました。
引っ越しの直前になって、冷蔵庫を置くつもりだった場所の手前の柱が邪魔で、
手持ちの3ドア270リットルの冷蔵庫が通らないことがわかったため、
急きょ小さい物を買うことになったのです。選んだのは2ドア165リットルです。
 思えば、3ドアの冷蔵庫を買って間もなく、ライフスタイルが変わり、
食生活をマクロビ寄りに変えたため、冷蔵庫のスペースが余り気味でした。
だから多分、このくらいのサイズダウンは影響ないと思うし、
家電は新しい方が消費電力も少ないので、電気代もさらに安くなるはずです。
 週に1回、無農薬有機栽培野菜の宅配が来た時は、さすがにいっぱいになりますが、
ちゃんと下ごしらえをしたり、適宜調理したりすれば、十分収まってくれます。
 また今まで、冷蔵庫に入れなくてもいいのに空きがあるからと入れていた、
お酒や味噌などの調味料、サプリメントやナッツ類、粉類や食用油、それに
一晩水に浸ける自家製発芽玄米も、冷蔵庫から出し別の場所に置くことにしました。
 新居はシステムキッチンで収納も多いので、仕舞う場所には困りません。
慣れるまでは正直少し不安でしたけど、今のところ特に不都合はなさそうです。

2005年5月24日

退去時清掃

 今回の引っ越しでは、旧居と新居を20日間重複して借りていました。
物件の決まったタイミングや、退去申し出が受理される日数の関係もありますが、
その前半で新居の掃除と搬入と片付けをし、後半で完璧な旧居の掃除ができました。
 後で業者も入るしそんなに丁寧にしなくてもいいと管理人さんには言われたけど、
少しでも敷金を多く返してもらうために、の作戦でもあります。
 幸いにして新居は、旧居から歩いて12分の場所にあり、毎日通うことも可能。
ゴミの日に合わせてゴミを出しに行くことも出来るし、週末が1回あったので、
ダーリンにも手伝ってもらって、住んでいるときより丁寧な掃除ができました。
 猫が居ないので危険な洗剤も気にせず使えるし、荷物も無いから効率も抜群です。
でも、使い古したアクリルたわしと粉石鹸が、もっとも汚れ落ちが良かったです。
 こんなに奇麗にして出て行く人は居ないと、立会い時に家主さんも驚いていたとか。
おかげで見られたくない傷などは気付かれずに済み、清掃代も全額戻りました。
 手間もかかるし、戻る金額は、結局余計に借りた10日分の家賃と変わらないかも。
でも実は、わざとじゃないけど部屋を傷つけてしまった個所などもあったけど、
掃除をしたおかげか気付かれずに済んだようなので、頑張った甲斐はあると思います。

2005年5月20日

猫の引っ越し

 何かの本で、猫にとって引っ越しは自分の縄張りが荒らされることであり、
見ているのは物凄いストレスだ、と見かけ、当初はホテルに預けるつもりでした。
 でも、病院には年に1回注射にしか行かず、ホテルに泊まったこともないぼうずは、
多分その方がよっぽどストレスだろうと判断し、引越し中はずっと一緒に居ました。
 但し、その辺をウロチョロしていては危ないし、逃げ出しても困るので、
旧居の荷物搬出の間はほぼ私が抱っこし、時々ダーリンと代わってもらったり、
猫トイレを仮置きし締め切ったバスルームに放して、水を飲ませたりしました。
 トラックへの積み込みが終わったら、がらんと広くなった部屋に、猫のケージと、
猫階段の最上段に敷いていた敷物、水とトイレとおやつとおもちゃを一緒に置いて、
新居への荷物の搬入が終わるまで、しばらく旧居で留守番していてもらいました。
 そして新居で、猫階段やソファなど猫のお気に入りの場所を作ってから迎えに。
まず新居で猫トイレを置くユーティリティに、あえて掃除をしていないトイレを置き、
アコーディオンドアを締めて、バスルームとユーティリティだけを自由に歩かせます。
 そして、本猫が外に出たがったところで、廊下から居間にも行けるようにして、
気の済むまで探検させました。うちのぼうずの場合、この方法が良かったようです。

2005年5月17日

引っ越しの必需品その2

 一つ前までの引っ越しは、赤帽さんを頼んで自分でも荷物を運び、安く上げました。
でも、結婚してから荷物も増え、また年も取って腰も悪くしたので、
荷造りは自分でしますが、今回からは無理せず運ぶのも引っ越し業者に頼みました。
 メリットはいくつかあります。有料ですが、不要品の同時回収もそのひとつでした。
引越し荷物と一緒に運び出すので、間違わないように、赤い荷造りテープを用意して、
処分してもらう物全てにつけておき、「赤い紐のは捨てる物」とお願いしました。
 そして搬出が始まる前に、玄関に出ていた自分たちの靴は下駄箱に片付け、
玄関周りや下駄箱の上も何も無い状態に。これだけで搬出の効率はかなり違います。
 荷物の搬入先は大きく分けて、クロゼットの部屋とリビングスペースの2ヵ所です。
自分は運ばない代わりに玄関から入ってすぐの、廊下の邪魔にならない場所に居て、
「それは和室、それは洋室」とどんどん指示して、運んでもらいます。
 クロゼットは、家具もダンボールもとにかく奥からどんどん詰めてもらい、
リビングの物は、和室の畳の上に古シーツを敷いた上にどんどん置いてもらいました。
 真っ先に猫のお気に入り空間の猫階段を作り、ソファを出します。
次に自分たちの布団を敷く場所を確保。これでいつでも休める、と思えば安心です。

2005年5月10日

引っ越しの必需品その1

 今年のGWを利用して、私たちは歩いて12分の賃貸マンションに引っ越しました。
事前に考えて用意しておいて良かったものや、実際にやってみて欲しかったものなど、
記憶が薄れる前に、思いつくままにあれこれ書き留めておこうと思います。
 まず、新居の鍵を貰ってすぐ、引っ越しの前に掃除をしたのですが、
床の拭き掃除をしていて、思った以上に膝が痛くて困りました。
旧居はクッションフロアで新居はフローリング、こんなに硬さが違うとは予想外です。
バレーボール用の膝のサポーターがあったら、楽だったでしょうね。冗談で無く。
 次に、ハンドクリーム。軍手やビニール手袋も用意しましたが、
やはり素手でないと困る細かい作業は多いもの。すっかり手が荒れてしまいました。
吸収が良いハンドクリームを手近に用意しておいて、こまめに塗るといいと思います。
 あと、着る物と食べ物を、引っ越し当日と翌日の分くらいは別にまとめておいて、
すぐに出せるよう、わかりやすいようにしておいた方がいいです。
洗濯機や洗濯物干し場の設置もすぐには出来ないし、雨の日に当たったら乾きません。
私は、米を入れた箱が見つけられず、大騒ぎした挙句買いに行くハメになりました。
 でも、大きな怪我や事故も無く、壊れた物も無く無事に済んで、良かったです。

2005年4月25日

引越しメニュー

 新居の契約も無事終わり、あとは鍵の引渡しを待つだけ。引越し日も決まりました。
少しずつ荷造りや整理整頓を始めています。食品の在庫整理もそのひとつです。
 いつも買い置きしている物は、なくなってもしばらく補充は控えめにして、
作りおきしている保存の効く物も、引越しに合わせて極力減らしていきます。
 丁度なくなりかけていた、にんにくの正油漬けを、いい機会なので使い切ることに。
先週末にカレーで半分、残りは夕べ、にんにくたっぷりのチャーハンにしました。
 あと、冷凍庫に仕舞ってあった製菓用マーガリンを使って、
柑橘類のピールを入れた、ココア味のパウンドケーキも焼きました。
 冷蔵庫は極力使い切って空にした方がいいですよね。ついでに大掃除ができます。
いつもは、帰ってすぐご飯が食べられるように作ってある冷凍ご飯も、
引越し当日までに全てなくなる予定です。ま、連休中なので心配はありません。
 冷蔵庫の電源を切るまであと1週間。半端に残っていた調味料や漬物などの他、
口を切ってある乾物や乾麺に粉類も、よく見たら結構出てくるものですね。
 安易に捨ててしまうのではなく、何かに料理して食べきって処分するつもりです。
料理の残り物パズルのようですが、ピースが上手くはまると楽しくなってきますよ。

2005年4月17日

引越しが決まりました

 かねてから引越しをするつもりで物件を捜していたのですが、
本日めでたく新居が決定いたしました。
まだ契約書は交わしていませんが、審査が通ったので、
それに向けて全ての作業が動き出すところです。
 引越しは、GW中を予定しています。
もともと大きな連休前は、本業が忙しくなる時期でもあり、
しばらくの間、更新が滞りがちになるかもしれません。
また、決行日前後は、接続環境の関係で、
レスにご返事差し上げられない可能性もあります。ご了承ください。
 引越しの模様は、関連サイト『ダーリンとデート』の方で、
モブログで実況更新を予定しています。よろしかったら遊びに来てください。
 実は今住んでいるところから、歩いて12分のところです。
少し狭くはなりますけど、新しくて天井の高い、なかなかステキな部屋ですよ。

2005年4月12日

定量を設定する

 引越しを思い立ったのを機に持ち物の総点検をし、思い切った処分をしました。
最も量が減った本は、ざっと3分の1に。同時にカラーボックスも半分になりました。
 うちは、本を買う量は少なくないと思います。仕事関係から多岐にわたる趣味もの、
娯楽用の小説と漫画もかなりあり、それが2人分ですから、相当なものです。
 こまめに処分してはいたのですが、今回さらに思い切って減らしました。
加えて、仕事周りの環境が変わったこともあり、要らない本が大量に出たのです。
 売れるものは売り、専門的過ぎたり内容が古くなった物は、残念ですが捨てました。
その結果、2段重ねて使っている大き目の本棚に、全てが納まる量になったのです。
 衣類も同様です。リフォームの材料になるからとか、ウエスにするからといって、
取ってあった物がかなりあったのですが、決めた箱に収まるだけ残し後は処分です。
 食器類は、今使っている食器棚に収まる量に昨年片付け、これ以上は増やさないで、
新しいものを増やすなら、代わりに何か捨てることに決めてあります。
 自分の収入で買える範囲で欲しい物は無尽蔵にあり、収納も出来なくはありません。
でも、ある程度身軽で居ないと、新しい物をすぐ取り入れることは出来ないですね。
余計な空間の家賃や暖房費が無駄ですし。今後は何事も定量厳守で行くつもりです。

2005年4月 5日

引越し計画中

 実は今、引越しをする方向で、いくつかの作戦を実行中です。
事の発端は私がたまに買う住宅情報誌でした。
 住宅情報誌は、安いのに結構楽しめるので、用も無いのに時々買うんです。
私、間取り図が好きなんですよ。こんなところに住めたらいいなぁ、なんて
インテリアや新しい暮らしを空想して楽しむんです。変ですね(笑)
 先日買った物も、そんな調子で見ていたところ、意外といい物件があったんです。
今決めたらGWで引越しできるかも、と思い立ち、見に行ってみようとなりました。
 今住んでいる3LDKがあまりにも快適すぎるので、踏ん切りつかずに居ましたが、
住んでみたらちょっと広すぎたな、と私もダーリンも感じていました。
ひと部屋少なくていいから、もう少し安くなったらいいなと。
 そこで、私たちが物件探しをする上で、絶対譲れない条件を挙げてみました。
まず、猫が飼えること。他地域のことはわかりませんが、当地ではかなり少ないです。
家賃や広さ、設備等は、今までの経験から自分たちに適当と思われる物を挙げました。
私が今の仕事をしている間は、交通の便などやむを得ず妥協できない点もあります。
 さて、7年ぶりの部屋探しはどうなりますか。自分でも楽しみです。